芸能

小柳ルミ子、サッカー本出版も拭えない「過去の大失言」に異論続出!

 女優で歌手の小柳ルミ子が5月12日、自身初となるサッカー書籍「パスコースがない? じゃあつくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」の出版イベントに登場。熱きサッカー愛を語り尽くした。

 1年間に2000試合を観戦する芸能界屈指のサッカーフリークとして知られる小柳は、本書に関して「単なるサッカー本というわけではなく、そこから学んで感じた自分なりの分析を一般社会にも当てはめている」と説明するなど、“上級者”の風格を漂わせたものの、ネット上では「もうアナタの顔は見たくない」「その本は買いません」など、彼女の「大失言」を消化し切れていないファンからの野次が集中している。

「小柳を支持するサッカーファンが多いのには事実ですが、その反面、レアル・マドリードのファンからは総スカンを食らっている現状があります。というのも、レアルのライバルであるバルセロナを愛する小柳が過去のテレビ番組やインタビューで幾度か『(レアルのエース)ロナウドは人間性がダメ』『ヒトとして尊敬できないから大嫌いです』などと発言し、大炎上。『バルサを愛するのは勝手だが、ライバルチームのエースを貶めるのはやめろ』『テレビでロナウドの人間性を悪くいうお前の人間性を疑う』『何も知らない人が聞いたらロナウドのことを誤解するだろ』『影響力のある人が全国ネットで何言ってんの』といったブーイングが発生し、その言動に非難が集まっています。少し配慮に欠けた発言だったと言わざるを得ませんね」(スポーツライター)

 愛があふれるあまり、過激な発言へと発展してしまった小柳。自身の愛でるクラブチームを賞賛するべく、ライバルチームを糾弾したくなるのもわかるが、そのチームにも小柳と同様に多くのファンが存在するということを理解する必要があるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?