スポーツ

桐生祥秀、日本選手権を控え懸念される「走り方わからない」衝撃発言。

 6月10日、日本最速男・桐生祥秀が陸上のダイヤモンドリーグ第6戦、ストックホルム大会で、男子100メートルで今季自己ベストの追い風2.0メートルの条件下、10秒15で2位となった。6月19日付の読売新聞では、22日から始まる日本選手権を控え、「タイムがだんだん上がるシーズンは珍しい」と語り、充実感も見られていたという。しかし、ストックホルム大会にエントリーした頃には桐生の苦戦を予想する声は少なくなかった。というのも、

「5月下旬の国内レース、セイコーゴールデングランプリでの成績が悪すぎました。タイムは10秒26と平凡で、決勝レースは9人中最下位。調子を取り戻したのかどうか、心配でした」(体協詰め記者)

 4月から社会人一年生。周囲のサポート体制も充実しているが、今季はまだ、一番高い表彰台に上がっていないのも事実。しかも、最下位だった先のセイコーゴールデングランプリ後、「走り方がわからなくなった」と、気になる発言もしていたのだ。関係者は「あくまでも目標は2年後の東京五輪」と、調整の一環にあることを強調していたが…。

「東京五輪までの中間報告となるのが、日本選手権です。『セイコー』後、スペインでの強化合宿を行い、そのままスウェーデンに入り、15日に帰国し最後の調整に入っています」(前出・体協詰め記者)

 昨年の今頃は、海外合宿、海外レースを経て、日本選手権という流れだったが、海外レースでしくじり、昨季の日本選手権は4位と奮わなかった。

「去年と違うのは、200m走の練習に比較的時間を割いていること。100m走の走り方がバラバラなのはそのせいかも」(体協詰め記者)

 ケンブリッジ飛鳥、山県亮太、多田修平など国内ライバルたちは好調だ。東京五輪に照準を合わせるのもいいが、調整が遅れないかまだ心配は残るが、まだ例年の水準まで戻っていないと言われるスピードを日本選手権では戻せるか注目したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃