スポーツ

桐生祥秀、日本選手権を控え懸念される「走り方わからない」衝撃発言。

 6月10日、日本最速男・桐生祥秀が陸上のダイヤモンドリーグ第6戦、ストックホルム大会で、男子100メートルで今季自己ベストの追い風2.0メートルの条件下、10秒15で2位となった。6月19日付の読売新聞では、22日から始まる日本選手権を控え、「タイムがだんだん上がるシーズンは珍しい」と語り、充実感も見られていたという。しかし、ストックホルム大会にエントリーした頃には桐生の苦戦を予想する声は少なくなかった。というのも、

「5月下旬の国内レース、セイコーゴールデングランプリでの成績が悪すぎました。タイムは10秒26と平凡で、決勝レースは9人中最下位。調子を取り戻したのかどうか、心配でした」(体協詰め記者)

 4月から社会人一年生。周囲のサポート体制も充実しているが、今季はまだ、一番高い表彰台に上がっていないのも事実。しかも、最下位だった先のセイコーゴールデングランプリ後、「走り方がわからなくなった」と、気になる発言もしていたのだ。関係者は「あくまでも目標は2年後の東京五輪」と、調整の一環にあることを強調していたが…。

「東京五輪までの中間報告となるのが、日本選手権です。『セイコー』後、スペインでの強化合宿を行い、そのままスウェーデンに入り、15日に帰国し最後の調整に入っています」(前出・体協詰め記者)

 昨年の今頃は、海外合宿、海外レースを経て、日本選手権という流れだったが、海外レースでしくじり、昨季の日本選手権は4位と奮わなかった。

「去年と違うのは、200m走の練習に比較的時間を割いていること。100m走の走り方がバラバラなのはそのせいかも」(体協詰め記者)

 ケンブリッジ飛鳥、山県亮太、多田修平など国内ライバルたちは好調だ。東京五輪に照準を合わせるのもいいが、調整が遅れないかまだ心配は残るが、まだ例年の水準まで戻っていないと言われるスピードを日本選手権では戻せるか注目したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性