芸能

NHK・W杯キャスター佐藤美希が今度は“放送事故級”誤読!名勝負が台無し!?

〈史上最低のキャスター。さっさと別の人に代えてほしい〉〈これは放送事故だろ〉

 W杯ロシア大会でNHKのスタジオキャスターを務める佐藤美希に大ブーイングが上がってしまった。

 きっかけは6月27日午前3時キックオフの「ナイジェリア対アルゼンチン戦」(NHK)。1分け1敗で決勝トーナメント進出のために勝利が必要なアルゼンチンと、やはり勝って決勝Tを目指すナイジェリアが激突。たがいに死力を尽くす激しい戦いが繰り広げられた試合は終了間際の86分にアルゼンチンがゴールを決め、これが決勝点となり奇跡の決勝T進出を決めた。

“事件”が起きたのは試合直後、カメラがスタジオに切り替わってから。視聴者から寄せられたツイッターの投稿を読み上げる場面で佐藤は、

「メッシが守備、魂のスライディング!!」

 という投稿を、

「メッシがしゅび、カタマリの…」

 と、“魂”を“かたまり”と誤読したのだ。さすがにおかしいと気づいたのか、すぐに「たましいの」と読み直したが、NHKの男性キャスターに苦笑いされる始末だった。

 これに対してサッカーファンから〈せっかくの名勝負を台無しにした〉〈サッカーを知らないだけじゃなく漢字も読めないのか〉と大ブーイングが上がったのだ。

「佐藤はこれまでの放送でもミスを連発しています。原稿を読む時に噛むのは当たり前。さらにサッカーをよく知らず、浅い知識でしゃべるのでウルグアイ対エジプト戦で『カバーニ選手のセーブ、すごかったですね』とコメントしたこともありました。ウルグアイの猛攻をエジプトのGKがファインセーブで防いだことをほめたかったようですが、カバーニはウルグアイの選手なんですよね。しかもGKではなくFW。何ひとつ合っていません(笑)」(週刊誌記者)

 近年まれにみる名勝負が続いているロシア大会。決勝Tになればこれまで以上に白熱した戦いが繰り広げられるはず。佐藤美希には、それを台無しにしてしまわないよう、一層の努力が必要だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント