芸能

終了1カ月後も“ロス”続く「おっさんずラブ」のジワジワ余波の秘密とは?

 テレビ朝日系で土曜深夜に放送されていたドラマ「おっさんずラブ」。今年の春のドラマ勢の中では、深夜枠にもかかわらず、高視聴率をキープして終了した。さらにその人気は、日本のみならず、1週遅れで放映されていた台湾でも大ブレイク。放送当時から、「おもしろすぎる」「カワイすぎる」「ピュアすぎる」「切なすぎる」といった意見が多数あったが、6月2日の放送終了後から1カ月が経過しても関連SNSには多くのコメントが寄せられているという。また、6月13日は主人公のはるたんこと春田(田中圭)に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日ということで〈#黒澤武蔵誕生祭2018〉とタグを付けた祝福の声が多く寄せられたという。

 何がこのドラマの人気の秘密だったのか。コラムニストの堀井憲一郎氏は、ネットメディア「現代ビジネス」(5月9日付け)で、こう解説している。

《男同士の恋愛って、女性だけで楽しむために「関係性だけの交錯」を味わうために作られたものだとおもっていたけど、そしてそこには隠微な感じが漂っていたはずなのだけど、もはや世界はそうではないレベルに進んできているようだ。時代の変化を感じるドラマである。これをおもしろがる自分も含めて》

 芸能関係者があとを引き取って言う。

「ひとつには、もともとは男性は恋愛の対象でない『ノンケ』だった主役・田中圭のこれまで見せてこなかったコミカルな演技が、このドラマにハマったことがあるでしょう。さらに女性の間では、“ボーイズラブ”という分野が確立されてはいましたが、今回のドラマは、男性や男性誌でも話題になった。それほどLGBTの方々に対する認知度が日本でも急激に高まっていることの表れでしょうね」

 田中は、7月からの別の局のドラマでも出演が決まっているが、その関連の公式SNSでも、〈田中圭さんもクランクイン お金にシビア系の京極係長。下の名前は大輝って言います〉と、新しいドラマでの田中の役割を紹介しつつ、〈7月からは、はるた…ではなく京極大輝をよろしくお願いしますっ〉と「おっさんずラブ」での田中の役名に触れてフォロワーを喜ばせたという。

ネット上には〈おっさんずラブぶっ込んでくる公式さん大好きです! 悶絶だ〉と反響があり、〈おっさんずラブの余韻が残りつつ…ドラマに出続けてくれてほんと嬉しい〉〈はるたん!! また会いたいよー このドラマでロスから脱皮できるかなぁ〉〈はるたん…じゃない田中圭くんも楽しみです〉との声があふれている。

「それに、『おっさんずラブ』に登場したグッズが売り切れたり、『メルカリ』で高額取引され、人気を集めるなどの現象も起きています。田中扮する春田が使っていた、星のマークの黄色いマグカップも品薄になっているそうですし、ネコのイラスト入りのメモ用紙も、ドラマ人気とともに、売り上げが急上昇したそうです」(前出・芸能関係者)

 まだまだ続きそうな“おっさんずラブ・ロス”。これはもう、ぜひともパート2を期待したいところだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!