芸能

終了1カ月後も“ロス”続く「おっさんずラブ」のジワジワ余波の秘密とは?

 テレビ朝日系で土曜深夜に放送されていたドラマ「おっさんずラブ」。今年の春のドラマ勢の中では、深夜枠にもかかわらず、高視聴率をキープして終了した。さらにその人気は、日本のみならず、1週遅れで放映されていた台湾でも大ブレイク。放送当時から、「おもしろすぎる」「カワイすぎる」「ピュアすぎる」「切なすぎる」といった意見が多数あったが、6月2日の放送終了後から1カ月が経過しても関連SNSには多くのコメントが寄せられているという。また、6月13日は主人公のはるたんこと春田(田中圭)に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日ということで〈#黒澤武蔵誕生祭2018〉とタグを付けた祝福の声が多く寄せられたという。

 何がこのドラマの人気の秘密だったのか。コラムニストの堀井憲一郎氏は、ネットメディア「現代ビジネス」(5月9日付け)で、こう解説している。

《男同士の恋愛って、女性だけで楽しむために「関係性だけの交錯」を味わうために作られたものだとおもっていたけど、そしてそこには隠微な感じが漂っていたはずなのだけど、もはや世界はそうではないレベルに進んできているようだ。時代の変化を感じるドラマである。これをおもしろがる自分も含めて》

 芸能関係者があとを引き取って言う。

「ひとつには、もともとは男性は恋愛の対象でない『ノンケ』だった主役・田中圭のこれまで見せてこなかったコミカルな演技が、このドラマにハマったことがあるでしょう。さらに女性の間では、“ボーイズラブ”という分野が確立されてはいましたが、今回のドラマは、男性や男性誌でも話題になった。それほどLGBTの方々に対する認知度が日本でも急激に高まっていることの表れでしょうね」

 田中は、7月からの別の局のドラマでも出演が決まっているが、その関連の公式SNSでも、〈田中圭さんもクランクイン お金にシビア系の京極係長。下の名前は大輝って言います〉と、新しいドラマでの田中の役割を紹介しつつ、〈7月からは、はるた…ではなく京極大輝をよろしくお願いしますっ〉と「おっさんずラブ」での田中の役名に触れてフォロワーを喜ばせたという。

ネット上には〈おっさんずラブぶっ込んでくる公式さん大好きです! 悶絶だ〉と反響があり、〈おっさんずラブの余韻が残りつつ…ドラマに出続けてくれてほんと嬉しい〉〈はるたん!! また会いたいよー このドラマでロスから脱皮できるかなぁ〉〈はるたん…じゃない田中圭くんも楽しみです〉との声があふれている。

「それに、『おっさんずラブ』に登場したグッズが売り切れたり、『メルカリ』で高額取引され、人気を集めるなどの現象も起きています。田中扮する春田が使っていた、星のマークの黄色いマグカップも品薄になっているそうですし、ネコのイラスト入りのメモ用紙も、ドラマ人気とともに、売り上げが急上昇したそうです」(前出・芸能関係者)

 まだまだ続きそうな“おっさんずラブ・ロス”。これはもう、ぜひともパート2を期待したいところだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫