スポーツ

箱根駅伝の出場決定!窮地の日大を“救った”「特別ルール」とは?

 危険タックル問題で揺れる日本大学に一筋の光が見えてきた。来年1月の箱根駅伝に復帰することが決定したのだ。

「日大は第三者委員会にも『指示はあった』と指摘され、ますます窮地に陥ってしまいました。アメフト部の新しい監督選出にしても、関東アメフト学生連盟から『選考基準等を明確にせよ』と苦言を呈され、八方塞がりです」(スポーツ紙記者)

 駅伝復帰は、唯一の明るいニュースとも言えそうだ。そもそも、日大は17年大会に出ていない。予選会は10月に行われる。なのに、先駆けて出場が決定したのは、“特別ルール”が適用されたからである。来年の箱根駅伝は95回の記念大会となる。そのため、関東学生陸上競技連盟は「各種目の1位8点、2位7点…8位1点として得点を競い、そのトップを自動的に出場させる」と決めていた。日大はこれまでもスポーツの有望高校生を推薦入学で集めてきた。彼らの実力を結集させたのである。

「日大がインカレ枠で出場すると決まった時、批判的な見方をする関係者も多かったです。でも、ルールだし、アメフトと陸上は関係ないので…」(体協詰め記者)

 陸上部員たちもアメフト部のことまでは考えていなかっただろう。しかし、世論から反発されている経営陣にすれば、陸上部の奮闘に救われた思いもしたはず。高校生アスリートの日大離れが止まらないと聞く。スポーツの日大、来年の駅伝がその最後の雄姿となるかもしれず、選手たちにはとりわけ、大きな期待が寄せられる形になるだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
4
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは