スポーツ

箱根駅伝の出場決定!窮地の日大を“救った”「特別ルール」とは?

 危険タックル問題で揺れる日本大学に一筋の光が見えてきた。来年1月の箱根駅伝に復帰することが決定したのだ。

「日大は第三者委員会にも『指示はあった』と指摘され、ますます窮地に陥ってしまいました。アメフト部の新しい監督選出にしても、関東アメフト学生連盟から『選考基準等を明確にせよ』と苦言を呈され、八方塞がりです」(スポーツ紙記者)

 駅伝復帰は、唯一の明るいニュースとも言えそうだ。そもそも、日大は17年大会に出ていない。予選会は10月に行われる。なのに、先駆けて出場が決定したのは、“特別ルール”が適用されたからである。来年の箱根駅伝は95回の記念大会となる。そのため、関東学生陸上競技連盟は「各種目の1位8点、2位7点…8位1点として得点を競い、そのトップを自動的に出場させる」と決めていた。日大はこれまでもスポーツの有望高校生を推薦入学で集めてきた。彼らの実力を結集させたのである。

「日大がインカレ枠で出場すると決まった時、批判的な見方をする関係者も多かったです。でも、ルールだし、アメフトと陸上は関係ないので…」(体協詰め記者)

 陸上部員たちもアメフト部のことまでは考えていなかっただろう。しかし、世論から反発されている経営陣にすれば、陸上部の奮闘に救われた思いもしたはず。高校生アスリートの日大離れが止まらないと聞く。スポーツの日大、来年の駅伝がその最後の雄姿となるかもしれず、選手たちにはとりわけ、大きな期待が寄せられる形になるだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?