スポーツ

W杯日本代表の全激闘を“裏”VAR判定(3)<特別講座>西野流処世術で「デキる男」に

 突然の監督就任から2カ月余りで日本代表チームを“戦える集団”に激変させた西野朗監督。選手を奮い立たせ、チームをまとめた“監督術”には、「デキる男」になるためのヒントが多く隠されていた。

「予選で見せた『ボール回し戦術』に西野さんのスタンスが凝縮されていると言えますね」

 とは90年代から西野監督を取材するサッカーライターだ。

 決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦の終盤。日本は1点差で負けていたものの、西野監督は選手に「そのまま負けろ」と指示。この「ワザと負ける作戦」に賛否が分かれた。

「サッカー界で西野さんがデキる男と見なされている最大の理由が、勝負に際して『監督一人が責任を負う』ことを徹底しているから。彼は自分からは絶対に相談しない。あの『ボール回し戦術』も、監督の独断でなければ反発を食らって実現できなかったはず。監督が全責任を負う覚悟を見せるからこそ、選手たちの信頼を得るんです」(サッカーライター)

 その結果、みごとに1次リーグ突破を決めた日本代表。独断で汚れ役を買って出る西野監督の「デキる男スタイル」は、会社組織の現場でも部下の称賛を浴びるに違いない。

 また西野監督独自の、チームを一体化させるための方法に関して、サッカーライターが続ける。

「西野さんがチーム作りで活用しているのが『オヤジギャグ』。キレがなくてまったくウケないのですが、しつこく言い続けることで効果が発揮される。最初は苦笑していた選手たちも、西野さんから毎日聞かされるうち、しだいに“西野風オヤジギャグ”を自分たちでも言い合うようになるんです。今回のワールドカップでも西野さんがセネガル戦の直前会見で放った『乾貴士(30)の身長を5センチ伸ばそうとしたが失敗しました』というギャグが選手たちのお気に入りになっていました。結果、チームにコミュニケーションが生まれ、選手間の連携が強まるんです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱