芸能

ロンブー淳が「慶應大合格」に過剰反応するネット上の“醜い言い争い”

 学歴社会をヤユする風潮もある中、結局は大学名にこれほど過剰な反応をしてしまう。ネット上でそんな失笑と嫉妬が巻き起こった?

 番組企画で、青山学院大学法学部を目指し予備校プランで受験勉強。この春は残念ながら「不合格」となった、ロンブー淳。「受験を甘く見るな」など、その取り組み方に賛否を巻き起こした企画も、忘れられていたかと思っていたやさきに…ネット上に「青学不合格のロンブー淳、慶應大学法学部に合格」の文字が躍ると、「ウソでしょ?」「マジで?」「学歴厨(ネット上でやたらと学歴にこだわる人たち)敗北」など、世間は、瞬く間に反応してしまった。

「サッカーに例えるなら、オフサイド的な反応でしょうか。淳が合格したのは慶應大学法学部の通信課程。実際は入学するのは、普通科と比べたらかなり簡単です。ただ、本人が『あきらめきれなかった』『法律を勉強したかった』と、入学したことは素直に尊敬しますね。慶應レベルなら本気で勉強すれば、かなりの学習量になりますし、レポート提出量も半端ないはず。通信は働きながらの人も多いことから、むしろ卒業が難しいと言われていますね。もしも、満足な成績で卒業できるようならたいしたものだと思います。それにしても慶應大学という名前にネット民が即座に反応するあたり、日本は学歴社会というか、名門大学の名前に本当に弱いですね」(週刊誌記者)

 合格した先が通信であることが広まると、「慶應の学歴に嫉妬」「通信やんけ!」「でも慶應だぞ」「誰でも入れるところやないか」など、オフサイド反応への失笑コメントも大量に投稿された。それでも、卒業率が10%に満たないと言われている同大学の通信課程。淳はかなり手ごわい場所へ飛び込んだのかもしれない?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談