スポーツ

元巨人・村田に続き巨人・上原浩治に「引退」が囁かれるこれだけの“予兆”

 かつて巨人で活躍し、現在は独立リーグでプレーしている村田修一内野手(37)が今季限りで事実上の現役引退に追い込まれたことがわかったのは8月1日。その一方で、10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治(43)にも“引退説”がささやかれはじめている。

 というのも7月27日、夏場の投手陣が大変なこの時期に、今季初めて再調整のため2軍落ちしたからだ。

この一報にネットには「引退でしょうね」「お疲れ様でした」「もう潮時」「9月に引退試合あるかな」と引退を連想させるコメントがあふれたものだ。

 7月20日の広島戦で日本人初、世界でも2人目という通算100勝・100ホールド・100セーブの「トリプル100」を記録したが、その後、登板した2試合で続けて敗戦投手になり登録抹消。今季成績は28試合に登板、0勝5敗、防御率4.33。メジャー級の活躍を期待していたファンにしてみれば、確かに期待外れに違いない。スポーツ誌記者が語る。

「勝ちパターンの投手なのに、決定打やホームランを痛打されるイメージがすっかり定着しちゃいましたね。セットアッパーで7月ですでに5敗はちょっと…。開幕直後は上原の名前がコールされると地鳴りのような歓声が上がり士気も高まってましたが、最近は相手チームのファンから違う意味での歓声があがりますから。完全にナメられていますよね」

 春先にも痛打される姿が目立ったが、それは開幕直前での契約であったことや、キャンプをやらずに開幕を迎えた調整不足が原因とされていた。上原本人も「トリプル100」を達成した翌日のスポーツ新聞に寄せた手記でこう語っている。

「開幕当初は急ピッチのツケが残っていたけどもう大丈夫。これからはどんどん投げられると思う」

 ところが、ここにきての成績不振。これはもう単純に実力不足、限界だと言われても仕方ないだろう。7月26日に敗戦投手になったヤクルト戦では「ニッポン放送ショウアップナイター巨人-ヤクルト」で解説を務めた山崎武司氏が「今の上原のストレートで抑えるのはちょっと難しいですね」と手厳しいコメントを残している。

 そして、もうひとつ引退説に拍車をかけているのがモチベーションの低下だ。上原が「記録を達成したいという目標がなかったら、野球をやめていたかもしれない」と手記では明かしており、偉業を達成した今、緊張の糸が切れ、このまま引退…なんてことがあっても不思議ではないように思える。

 いずれにせよ、結果がすべてのプロ野球。雑音を封じるにはマウンドで抑え続けるしかないのだが──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?
5
有村架純「整形姉もらい事故」と「ある解禁日」(1)恩人への義理を果たすために