スポーツ

激震プロ野球 セ・パ「監督クビ切り」の嵐(2)巨人・高橋監督の由伸メモの中身は?

 さて、お次は巨人の内部事情。週刊アサヒ芸能7月5日号では、「影のGM」と呼ばれるA氏が暗躍し、高橋由伸監督(43)を更迭、前DeNA監督の中畑清氏(64)を新監督に擁立する動きがあることを報じたが、ここへきてその動きが活発化しているという。球団関係者が言う。

「引き金になったのは、7月17日に球団トップの老川祥一オーナー(76)が、不祥事が連発した責任で辞任し、読売新聞グループ本社代表取締役社長の山口寿一氏(61)が後任に就いたことです」

 くだんのA氏と山口氏は昵懇の間柄で、かつ、球団最高権力者の読売新聞グループ本社代表取締役主筆・渡辺恒雄氏(92)に正面から唯一「モノを言える」のが山口氏であるという。

「渡辺氏は中畑氏に関して、『ウチを出た人間』と招聘には否定的な立場です。さらに言えば、お調子者でチャラく見える性格も好きではない。事実、原辰徳前監督(60)が退く時も中畑氏は由伸監督や川相昌弘2軍監督(53)と並ぶ後任候補に入っていたのですが、首をタテに振らず、由伸監督で押し切った経緯があります。今までは渡辺氏の決定がトップダウンで降りてきた巨人ですが、ズバズバ自分の意見を主張する山口氏がA氏とともに“中畑新監督プラン”を押し進める雲行きになっているんです」(球団関係者)

 当の由伸監督は今季が契約最終年で、これまでリーグ優勝や日本シリーズ出場はゼロ。今季も7月22日に早々と自力Vが消滅した。

「独走する広島はさておき、2位集団のヤクルト、阪神、巨人の3チームは1.5差にひしめくデッドヒート。ただし巨人は試合消化率がよく、残り試合数が10試合ほど少ないため不利ですね」(スポーツ紙デスク)

 由伸巨人は昨季4位。屈辱の2年連続Bクラスともなれば「中畑政権」は避けられない。

「にもかかわらず、いまだに必死さが伝わってきません。最近批判されているのは“由伸メモ”です。高橋監督は試合中、事あるごとにメモを取り出して何か書き込んでいるのですが、村田真一ヘッドコーチ(54)や斎藤雅樹投手コーチ(53)に采配を任せっきりなのは周知の事実。メモの内容が試合に生かされている気配はまったくありません。『何を書いてるんだ?』と、みんないぶかしがっています」(スポーツ紙デスク)

 まさか“再就職先”のリストを作っているわけでもないだろうが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!