スポーツ

激震プロ野球 セ・パ「監督クビ切り」の嵐(2)巨人・高橋監督の由伸メモの中身は?

 さて、お次は巨人の内部事情。週刊アサヒ芸能7月5日号では、「影のGM」と呼ばれるA氏が暗躍し、高橋由伸監督(43)を更迭、前DeNA監督の中畑清氏(64)を新監督に擁立する動きがあることを報じたが、ここへきてその動きが活発化しているという。球団関係者が言う。

「引き金になったのは、7月17日に球団トップの老川祥一オーナー(76)が、不祥事が連発した責任で辞任し、読売新聞グループ本社代表取締役社長の山口寿一氏(61)が後任に就いたことです」

 くだんのA氏と山口氏は昵懇の間柄で、かつ、球団最高権力者の読売新聞グループ本社代表取締役主筆・渡辺恒雄氏(92)に正面から唯一「モノを言える」のが山口氏であるという。

「渡辺氏は中畑氏に関して、『ウチを出た人間』と招聘には否定的な立場です。さらに言えば、お調子者でチャラく見える性格も好きではない。事実、原辰徳前監督(60)が退く時も中畑氏は由伸監督や川相昌弘2軍監督(53)と並ぶ後任候補に入っていたのですが、首をタテに振らず、由伸監督で押し切った経緯があります。今までは渡辺氏の決定がトップダウンで降りてきた巨人ですが、ズバズバ自分の意見を主張する山口氏がA氏とともに“中畑新監督プラン”を押し進める雲行きになっているんです」(球団関係者)

 当の由伸監督は今季が契約最終年で、これまでリーグ優勝や日本シリーズ出場はゼロ。今季も7月22日に早々と自力Vが消滅した。

「独走する広島はさておき、2位集団のヤクルト、阪神、巨人の3チームは1.5差にひしめくデッドヒート。ただし巨人は試合消化率がよく、残り試合数が10試合ほど少ないため不利ですね」(スポーツ紙デスク)

 由伸巨人は昨季4位。屈辱の2年連続Bクラスともなれば「中畑政権」は避けられない。

「にもかかわらず、いまだに必死さが伝わってきません。最近批判されているのは“由伸メモ”です。高橋監督は試合中、事あるごとにメモを取り出して何か書き込んでいるのですが、村田真一ヘッドコーチ(54)や斎藤雅樹投手コーチ(53)に采配を任せっきりなのは周知の事実。メモの内容が試合に生かされている気配はまったくありません。『何を書いてるんだ?』と、みんないぶかしがっています」(スポーツ紙デスク)

 まさか“再就職先”のリストを作っているわけでもないだろうが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
5
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮