芸能

天才テリー伊藤対談「宝田明」(1)終戦で満州の生活は一変しました!

●ゲスト:宝田明(たからだ・あきら) 1934年、朝鮮生まれ。2歳の時に家族で満州へ移住。小学5年生までをハルピンで過ごし、戦後、日本に引き揚げる。53年、高校卒業後に「東宝ニューフェイス第6期生」として東宝に入社。翌54年、映画デビュー。同年、日本特撮映画の金字塔となる「ゴジラ」で初主演を果たす。東宝の看板俳優として数多くの作品に出演、香港や台湾などでも絶大な人気を博した。舞台演劇にも多数出演し、日本のミュージカル俳優の草分けとして一時代を築いた。60年代から特撮ジャンルにも復帰し、64年の「モスラ対ゴジラ」主演から、「ゴジラ FINAL WARS」(04年)まで多くの特撮作品に出演。これまでに出演した映画は130本を超える。最新の著書「銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生」(筑摩書房)が好評発売中。

 東宝の二枚目スターとして数多くの映画・舞台に出演、俳優人生64年を迎えて今なお現役で活躍中の宝田明。このたび初の自伝を上梓、そこに書かれた、終戦を迎えた満州での過酷な少年時代や代表作「ゴジラ」の思い出、あの有名俳優たちの意外な素顔に、天才テリーも驚いた!

テリー 宝田さんが出された「銀幕に愛をこめて」という本、本当におもしろいですね。もう2回読ませていただきましたよ。

宝田 うれしいなァ、ありがとうございます。

テリー 特に子供時代を過ごした満州・ハルピン時代のお話は、もう日本史の1ページですね。1945年の8月15日を境にガラリと状況が変わったようですが、それまでの予兆みたいなものはありましたか。

宝田 ええ、8月6日にラジオから「広島に原爆が落ちた」という声が聞こえてきたことでしょうか。当時はまだ「原爆」という言葉はなくて、たしか「化学爆弾で10万以上の市民が亡くなった」と言っていました。とはいえ、まだ関東軍の精鋭部隊があちこちにいましたし、戦う余裕はあるんじゃないか、と思っていました。

テリー ほどなく終戦の日を迎えますが、その時はどんなお気持ちでしたか。

宝田 玉音放送を聞いた時は「ああ、これで日本はダメなんだな」と、内臓をえぐり取られたような気分になりました。僕らは軍国少年で「関東軍の精鋭の一員となって、祖国日本の北の防塁たらん」と思っていましたから、夢がもろくも崩れてしまったんです。父母も座り込んで、しばらく動けないような状態でした。

テリー そうなると、占領されていた中国の人たちの態度はコロッと変わったんですか?

宝田 いえ、ふだんから友好的に接していた人たちは「今、日本に帰っても苦しいでしょう。我々がかくまうから残ってください」と言ってくれるぐらい親切でしたよ。しかし、虎の威を借りる狐で、ふだんから中国人をこき使ったり、いばり散らしていた人の家は、略奪にあったりもしていましたね。

テリー その時には、もうソ連の侵攻も始まっていましたよね。

宝田 まさかソ連は火事場泥棒みたいなことはしないだろう、と思っていたら、日ソ友好条約を破って参戦して、8月20日頃になると、スターリン率いる第一機動部隊がハルピンにもドーッと入ってきた。それで関東軍は一瞬にして武装解除となりました。

テリー そうすると、どんな状況になるんですか?

宝田 頼みとしていた軍も警察機構もないし、民間人は檻の外に放り出された子羊みたいなものですよ。しかも第一線部隊はソ連の囚人部隊で、死刑になるような囚人に鉄砲を持たせているんですから。

テリー おちおち外出もできませんね。

宝田 いちばんつらい思いをしたのは成人女性ですね。いつソ連兵が家の中に入ってくるかわからない、町を歩くのも危険だというので、断髪して風呂敷をかぶって5~6人で徒党を組んで買い物に行き、日の高いうちに帰ってくる、という状況だったんです。

テリー 断髪って、丸坊主にしたんですか。

宝田 ええ、女性だとわかってしまうのは、当時そのぐらい危なかったんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!