スポーツ

広島3連覇も「迷将続投」阪神・巨人の「ホンマでっか!?」(4)最下位になったら方針転換

 江本氏は今季から金本監督に見える「大きな変化」が気になっている。あの熱血漢のアニキがやけにおとなしいというのだ。

「ゲームを見ていて、去年までとは雰囲気が違うんですよね。金本はもともと、試合中だろうが選手にバシバシとハッパをかけまくれる人間なんだけど、今季は妙にベンチでジーッとしている。監督がそんなだから、選手の顔も覇気がないというか、暗いんですよ。もっとなりふりかまわず頑張れよ、と言いたい」

 意外な変貌の理由を、球団に近い関係者が匿名を条件に明かしてくれた。

「いや、去年まではね、はっきり言ってベンチ裏での鉄拳制裁も込みでバチバチ指導していたんですよ。でも、今年は日大アメフト部や体操女子の日本代表など、スポーツ界でのパワハラ問題が多発したでしょ? 直接、金本さん本人から聞いたわけじゃないけど、どうやら自粛しているみたいなんです」

 やはり、熱血指導が逆に若手を潰していたという、なんらかの自覚があったのだろうか。「パワハラ指導」は鳴りを潜めているそうだ。

「虎が猫になってしまいましたね。でも、金本監督から鉄拳指導を取ったら、何にも残らないと思うんだけどね‥‥」(関係者)

 コワモテが一変したことに選手たちは戸惑い、チーム内には、なんとも微妙な空気が漂っているという。

 これほどまでにチームをガタガタにしながらも、契約があと2年残っている金本監督。しかし、先の在阪スポーツ紙デスクによれば、その地位は絶対盤石なものでもないという。

「最下位になったら、口うるさい関西のマスコミと熱狂的ファンが騒ぎたてることは間違いなく、球団が方針を転換して金本監督更迭に踏み切ることもある。球団OBも黙っていないでしょう。阪神のOBは大別すると2つの派閥に分かれ、次期監督候補として、それぞれのトップである安藤統男氏(79)が推す掛布雅之元2軍監督(63)と、吉田義男氏(85)が推す岡田彰布元監督(60)の名前がすでに挙がっています。特に掛布氏は若手育成に定評があるうえ、昨年に金本監督と指導方法の対立を巡り、現場を離れてフロントに“島流し”された経緯がある。『金本の鼻を明かせるなら』と、やる気十分だと聞いています」

 ふがいない成績で広島に計14個の貯金をプレゼントして3連覇を「全力サポート」してきたヨシノブ&カネモト両監督。「来セ」も続投するってホンマでっか!?

※本記事は週刊アサヒ芸能10月11日号(10月2日発売)に掲載

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
5
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?