芸能

急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(2)水卜麻美が有働由美子に取って代わる?

 10月29日、日テレの社長定例会見に同席した福田博之編成局長は、「zero」の視聴率が1桁台に低迷していることを聞かれ、

「今のところ、まだ始まったばかり。同時期に比べては上がっています。長いスパンで見ていきたい」

 と答えた。だが、実情は違っているようで、日テレ関係者はこう話す。

「もともと、夜の報道番組は歴史的に『報ステ』と『NEWS 23』(TBS系)が圧倒的に強かったんです。その間に割って入ったのが『zero』だった。看板番組にまで育てただけに、番組に対する愛情が局内に強くあり、このまま有働と心中するつもりはないんです」

 そのため、就任からわずか1カ月を過ぎたばかりだというのに、大ナタを振るおうとしているのだ。日テレ関係者が続ける。

「NHK退社後、民放キャスターとしてデビューさせた手前、2年間は局側からクビ宣告をするつもりはありません。『zero』には乃木坂46出身で新人アナの市來玲奈(22)もカルチャー・お天気担当で出演しています。かつての乃木坂ファンが番組を見てくれると期待されていたのですが、今のところ、視聴率にはつながっていない。次なる手として何らかのテコ入れをしなければ手遅れになるため、看板アナの桝太一(37)か水卜麻美(31)の起用案が浮上しているのです」

 現在、情報番組「ZIP!」の総合司会を務める桝アナと、情報番組「スッキリ」のサブキャスターを務める水卜アナは、オリコンスタイルが調査する「好きなアナウンサーランキング」で5連覇を果たし、殿堂入りするほどの人気ぶり。起用が実現すれば、視聴率アップも期待できるところだが、

「早ければ来年春の番組改編で実施したいのですが、水卜アナは昨年10月に『スッキリ』を任せたばかり。コロコロ番組を変えるのは本人も嫌がるでしょうが、『zero』でサブMCをしながら番組の雰囲気に慣れてもらって、数字が伸びなければ、2年後に水卜アナにメインキャスターを任せるのがベストな選択肢とみられています」(日テレ関係者)

 よもや、鳴り物入りのキャスターの座が水卜アナに乗っ取られる雲行きなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題