スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「高素質馬ベルスールが巻き返す」

 2歳牝馬の総決算ともいうべき阪神ジュベナイルFが今週のメイン。クラシック第1弾の桜花賞と同じ舞台、距離で争われる競馬だけに、ブエナビスタ、アパパネなど、ここで勝った勢いをそのままに桜花賞、オークスで勝ち負けする馬は少なくなく、ファン必見のGIと言っていい。

 ただ、牝馬の多くは消長が激しく、これまでの成績から有力視されている人気どころが「あれっ」と思うほどもろく、敗れ去ることも少なくない。

 それはデータをひもとけば、はっきりしていて、馬連が導入された91年以降、過去27年間、1、2番人気馬のワンツーで決まったのは、わずか1回のみ。大きく荒れることは少ないが、だからといって本命党向きの簡単なレースでないことも確かだ。

 では今年の顔ぶれを見てみよう。一昨年の覇者でオークス馬となったソウルスターリングの妹シェーングランツが最右翼だろうか。前走、アルテミスSの勝ちっぷりは鮮やかで、姉以上の迫力を感じさせる。そのアルテミスSで僅差2着のビーチサンバも素質はかなりのもの。同じ前哨戦のファンタジーSをあっさりモノにしたダノンファンタジー、そして新馬──特別を連勝したクロノジェネシスといったところがシェーングランツに続く有力勢ということになろうか。

 しかし他にも能力を秘めた馬は少なくない。狙ってみたいのはそんな1頭、ベルスールだ。

 前走のファンタジーSで2着。前記した有力馬のダノンファンタジーに遅れること1馬身4分の3。あっさり差されたのだから一見すると完敗、力負けの印象を受けるが、見捨てるわけには断じていかない。

 新馬戦を勝ち上がってから3カ月ぶりの実戦。前走比12キロ増の体重で出走だったことを思うと、むしろよく頑張ったものと、あらためてその素質の高さを見て取るべきだ。

 道中、引っ掛かる場面もあって、リズムよく走れてはいなかった。これもレース間隔があいていたからで、直線は失速してもおかしくなかった。それでも踏ん張り切ったのだから、評価すべきである。

「ガス抜きできたのだろう。中間の稽古の動きが実にスムーズ。この分なら巻き返し可能だ」

 こう厩舎スタッフが口をそろえるように、1週前の追い切りも軽快そのもの。仕上がりのよさは前走の比ではない。ならば期待できるのではないか。

 父はスピード色が濃く、ベルスール自身、短距離馬のイメージを持たれそうだが、母の父はサンデーサイレンスで祖母の父ソーマレズは凱旋門賞、パリ大賞典の勝ち馬。マイル戦は何の問題もない。

 さらに言えば、5代母はコロネーションCなどを勝利している。今で言うGI馬で、近親に全欧2歳女王マビッシュ(英1000ギニーなどGI4勝)がいる良血。血統的背景からチャンスは十分ある。

 相手は当然、前記した有力どころになるが、抽選待ち(7分の3)の中にもおもしろい馬がいる。もし運よく出走枠に入ったなら、大いに注目してみたいのがコルデトゥリーニだ。

 未勝利戦を勝ち上がったばかりだが、その勝ちっぷりが実によかった。手前を替えるのもぎこちなく、遊び遊び走っている印象。まだ幼い面を多分に残していながら、いざ追い出すと、あっさり後続を斬り捨ててしまうところがすごい。馬体はあか抜けており、素質はピカイチだ。

 こちらは祖母が仏1000ギニー馬で、近親にサズルー(GIイスパーン賞)がいる血筋。ノビシロ十分の好素材だけに、一票投じていい馬だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」