芸能

天才テリー伊藤対談「ゆきぽよ」(1)小学生の頃はモテランキングの圏外

●ゲスト:ゆきぽよ 1996年、神奈川県生まれ。2012年、「JK eggモデルオーディション」で準グランプリに輝き、ギャル系ファッション誌「egg」(大洋図書)の読者モデルとしてデビュー。動画配信サービス「Vine」6000万回の再生回数を記録し、カリスマ動画クイーンとして人気を集める。17年、Amazonプライム・ビデオの配信番組「バチェラー・ジャパン」に参加。さらに18年には、本家アメリカの「ザ・バチェラー」のスピンオフ企画「バチェラー・ウィンターゲームス」に参加し、話題となる。その後、「サンデー・ジャポン」(TBS系)をはじめ、「踊る!さんま御殿!!」「ダウンタウンDX」(ともに日本テレビ系)など数々の人気番組に出演。1月18日、初の写真集「Yukipoyogram」(双葉社)が発売予定。2月17日にはファーストDVD「Yukipoyo Tube」(双葉社)も発売予定。

 今年最初の対談は、雑誌モデルからキャリアをスタートしたギャル界のカリスマにして、6000万回再生の記録を誇る動画クイーン・ゆきぽよがド派手に登場。恋愛リアリティ番組出演をきっかけに注目度急上昇の彼女、その奔放な発言に、天才テリーも圧倒されっぱなしに!?

テリー ゆきぽよが芸能界に入ったきっかけは、ギャル系雑誌のモデルだったんだよね。

ゆきぽよ はい。でも、今はテレビのお仕事のほうがたくさんもらえています。

テリー そうだね。去年は「踊る!さんま御殿!!」や「ダウンタウンDX」みたいな人気番組にもたくさん出ていたし、「サンデー・ジャポン」にも来てもらったんだよね。短い時間でも的確なコメントをしていて、頭がよく回るんだな、と感心したんだよ。

ゆきぽよ 本当ですか、うれしい~(笑)。

テリー プロフィールを見ると、お母さんがスペインとフィリピンのハーフなんだね。ご両親はどこで知り合ったの?

ゆきぽよ なんか‥‥キャバクラ?

テリー ハハハ、そりゃまたわかりやすくて、いいじゃない。

ゆきぽよ お母さんは「ママはタレントで、お父さんが遊びに来た」って言っていたんですけど、昔はキャバクラ嬢のことを「タレント」と呼んでたみたいで、その頃の写真を見せてもらうと、どう見てもお店の雰囲気はキャバクラ(笑)。

テリー 幼い頃は、どんな子供だったの。

ゆきぽよ ああ、子供の頃は今とは違って、あまり目立ちたがり屋じゃなかったですね。

テリー そう? 本人にその気がなくても、これだけかわいいと自然に目立つんじゃないの。

ゆきぽよ 小学生ぐらいまで「かわいい」なんて言われた覚えはないですよ。小学校の時、男子が勝手に女子の「モテランキング」を作っていたんですが、ランクインすらしてなかった。

テリー あ、わかった。男の子の中に交じって、ワイワイ遊んでいたタイプなんだろう。

ゆきぽよ そうそう、マジでそういう女の子でした。1~2年の時は、男の子のズボンをバッと脱がして即逃げる、みたいな遊びをしていたし(笑)。

テリー ハハハ、ずいぶん伸び伸びとした感じだね。それもご両親のおかげなのかな。

ゆきぽよ 親にやりたいことを反対されたことは、1回もないですね。といっても、中学生になると、やっぱり急に夜遊びし始めたので、その頃はお母さんも、うるさかったですけど。

テリー お、夜遊びって、何をやっていたの。

ゆきぽよ 友達と公園に集まって、みんなでおしゃべりするのが楽しくて。夜の11時まで帰らなかったりして、「帰って来い」っていう電話がまたうざいから、携帯の電源を切ったりして。まぁ、普通にみんなが通るような反抗期ですよ。

テリー なんだよ、実にかわいいもんだ。でも、その頃から今のゆきぽよのイメージに近づいていくんだ。

ゆきぽよ そうですね。中学校3年間はギャルになりたい、ヤンキーになりたい女の子でした(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!