芸能

天才テリー伊藤対談「ゆきぽよ」(1)小学生の頃はモテランキングの圏外

●ゲスト:ゆきぽよ 1996年、神奈川県生まれ。2012年、「JK eggモデルオーディション」で準グランプリに輝き、ギャル系ファッション誌「egg」(大洋図書)の読者モデルとしてデビュー。動画配信サービス「Vine」6000万回の再生回数を記録し、カリスマ動画クイーンとして人気を集める。17年、Amazonプライム・ビデオの配信番組「バチェラー・ジャパン」に参加。さらに18年には、本家アメリカの「ザ・バチェラー」のスピンオフ企画「バチェラー・ウィンターゲームス」に参加し、話題となる。その後、「サンデー・ジャポン」(TBS系)をはじめ、「踊る!さんま御殿!!」「ダウンタウンDX」(ともに日本テレビ系)など数々の人気番組に出演。1月18日、初の写真集「Yukipoyogram」(双葉社)が発売予定。2月17日にはファーストDVD「Yukipoyo Tube」(双葉社)も発売予定。

 今年最初の対談は、雑誌モデルからキャリアをスタートしたギャル界のカリスマにして、6000万回再生の記録を誇る動画クイーン・ゆきぽよがド派手に登場。恋愛リアリティ番組出演をきっかけに注目度急上昇の彼女、その奔放な発言に、天才テリーも圧倒されっぱなしに!?

テリー ゆきぽよが芸能界に入ったきっかけは、ギャル系雑誌のモデルだったんだよね。

ゆきぽよ はい。でも、今はテレビのお仕事のほうがたくさんもらえています。

テリー そうだね。去年は「踊る!さんま御殿!!」や「ダウンタウンDX」みたいな人気番組にもたくさん出ていたし、「サンデー・ジャポン」にも来てもらったんだよね。短い時間でも的確なコメントをしていて、頭がよく回るんだな、と感心したんだよ。

ゆきぽよ 本当ですか、うれしい~(笑)。

テリー プロフィールを見ると、お母さんがスペインとフィリピンのハーフなんだね。ご両親はどこで知り合ったの?

ゆきぽよ なんか‥‥キャバクラ?

テリー ハハハ、そりゃまたわかりやすくて、いいじゃない。

ゆきぽよ お母さんは「ママはタレントで、お父さんが遊びに来た」って言っていたんですけど、昔はキャバクラ嬢のことを「タレント」と呼んでたみたいで、その頃の写真を見せてもらうと、どう見てもお店の雰囲気はキャバクラ(笑)。

テリー 幼い頃は、どんな子供だったの。

ゆきぽよ ああ、子供の頃は今とは違って、あまり目立ちたがり屋じゃなかったですね。

テリー そう? 本人にその気がなくても、これだけかわいいと自然に目立つんじゃないの。

ゆきぽよ 小学生ぐらいまで「かわいい」なんて言われた覚えはないですよ。小学校の時、男子が勝手に女子の「モテランキング」を作っていたんですが、ランクインすらしてなかった。

テリー あ、わかった。男の子の中に交じって、ワイワイ遊んでいたタイプなんだろう。

ゆきぽよ そうそう、マジでそういう女の子でした。1~2年の時は、男の子のズボンをバッと脱がして即逃げる、みたいな遊びをしていたし(笑)。

テリー ハハハ、ずいぶん伸び伸びとした感じだね。それもご両親のおかげなのかな。

ゆきぽよ 親にやりたいことを反対されたことは、1回もないですね。といっても、中学生になると、やっぱり急に夜遊びし始めたので、その頃はお母さんも、うるさかったですけど。

テリー お、夜遊びって、何をやっていたの。

ゆきぽよ 友達と公園に集まって、みんなでおしゃべりするのが楽しくて。夜の11時まで帰らなかったりして、「帰って来い」っていう電話がまたうざいから、携帯の電源を切ったりして。まぁ、普通にみんなが通るような反抗期ですよ。

テリー なんだよ、実にかわいいもんだ。でも、その頃から今のゆきぽよのイメージに近づいていくんだ。

ゆきぽよ そうですね。中学校3年間はギャルになりたい、ヤンキーになりたい女の子でした(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?
5
ジャニとの交際で変わった?有村架純への「文春砲」にファンが安堵したワケ