芸能

テレ朝・小川彩佳、人気艶系男優宅で取材時の「困惑ぶり」に視聴者が大興奮!

 清楚イメージが強いだけにアブない言葉が飛び出るたびにそのリアクションに注目してしまう?

 テレビ朝日の小川彩佳アナが昨年12月31日、「今年のニュースは今年のうちに!生討論SP」(AbemaTV)に出演。有名艶系男優宅でのインタビュー企画に登場したが、「報道ステーション」時代では考えられないような過激ワードが飛び交う映像となっていただけに反響を集めているようだ。

 番組では昨年7月に電撃結婚したカリスマ艶系男優のしみけんとブロガーで作家のはあちゅう夫婦への独占インタビューを企画放送。小川アナは初公開となる2人の自宅を訪れて、艶系男優の妻が直面した葛藤と苦悩についてなど、さまざまな内容についてインタビュー取材を行っている。

 艶系男優へのインタビューとあって、当然の如く男女の営みを示す四文字言葉など、過激な言葉が飛び交っていた。

 艶系業界では男優が現在約70人ほどと言われているのに対し、女優は1万人おり、しかも1カ月の作品のリリースは4000本とのこと。つまり、単純計算で男優は1月で50以上の作品に出ているということもあって、その業界とは無縁な小川アナも驚き、「ハードですね」と返答するのが精いっぱいだった。

 また、しみけんから、女性が生身のバストで男性自身を挟んでこすりあう営み中のテクニックを表す言葉をズバリ出して、その言葉を「作ったのは誰でしょうか」といったクイズが出された時には、小川アナは「おぉ~」と苦し紛れのリアクションを見せていた。

 そのため、笑いあり、艶ありのインタビュー映像となったわけだが、今回の放送に小川アナのファンからは「艶ワードを聞いて、反応に困る小川アナがかわいい」「清楚系の小川アナをいじめないで。でも、この映像はレアすぎる」「しみけんが小川アナをいやらしい目で見ている気がしてならない…興奮する」「小川アナもそういう作品を見ているんだろうな」など、インタビュー内容が内容だけあって、冷静には見ていられなかったという人も多かったようだ。

「艶業界とは対極にいる上品で清楚なイメージがある小川アナがこうしたインタビューを行っているわけですから、ファンが違和感を覚えるのは無理もないです。ただ、ファンのほとんどが今回の放送を神回と認定しているようですね。さらにしみけんは女性を街中で口説いてコトに及ぶジャンルのビデオを示す言葉を挙げ、その種の作品だけは『気合入れろって先輩に言われた』というエピソードを披露。その時には好奇心からか、小川アナはその言葉を繰り返し出したうえで『って何ですか』と思わず質問していました。すると、これに食いついたしみけんは『何だと思います』『小川さん見ないんですか?』と逆にツッコまれてしまい、困惑。はあちゅうが『(小川アナは)見ないよ』とフォローしていましたが、少しニヤニヤしながら小声で『どっかに連れ込むみたいな…』と答えていましたから、ファンはより興奮してしまったようですね」(エンタメ誌ライター)

 ちなみにこのインタビューが放送されたのは平成最後の大みそかが残り1時間で終わるというタイミング。それだけにファンとしては最後の最後にこれ以上ない最高の年越しとなっただろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
純烈リーダー、「友井は死んだ」発言に「あのグループとは違う」と絶賛の声!
2
深田恭子をヤリ手会長に奪われた亀梨和也「結婚を決断できなかった理由」
3
女芸人からも批判!芸能界で“反・松本人志連合”拡大の動きが
4
ヤバい癖で迫る!?クロちゃん、お持ち帰り相手は“あの人気アイドル”だった?
5
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?