政治

天才テリー伊藤対談「安田純平」(4)安田さんは侍役が似合うと思うんだ

テリー 帰国が決まった時は、もちろん喜びがあったでしょうが、それ以外の思いはありましたか。

安田 「こちらにいる間に、自分を拘束した組織の正体を暴きたい」とずっと思っていました。もう一度、現地を取材して帰りたいと。実はトルコの情報機関に引き渡されて移動する間に「日本政府にはまだ、解放されたことを連絡しないでほしい」と伝えていたんです。

テリー 本当に!?

安田 身代金を支払う場合は、人質が生きている証明が絶対に必要なんです。しかし、それを2年半以上書かされていなかったので、間違いなく身代金は払われていない。でも、解放されてすぐ日本の迎えが来たら、払われたと思われるじゃないですか。だから、いくらかのタイムラグが欲しかったんです。で、日本側が解放の事実を知るまでの間に取材ができるといいな、と思っていましたが、実際にはかなわなかったんです。

テリー その段階でまだファイティングポーズを取れるなんて、根性据わっていますね。

安田 いえいえ、せめて自分の失敗を取り戻して帰りたかっただけです。

テリー ということは、今後また現地に赴いて取材をされるんですか?

安田 現段階では言えないんですが、方法はいろいろあると思いますので。とにかく今回の事実関係はハッキリさせたい、落とし前はきっちりつけなければ、と思っています。

テリー 彼らの正体を暴くまでは‥‥。

安田 そうです。今の段階では、身代金の有無も含めて本当に何もわかっていませんし、そういう情報なしでは、いただく批判に対して答えることもできませんから。

テリー 実に男らしいね。アサ芸だから、これも言っちゃおうかな。我ながら不謹慎だとも思うんですが、帰国後の記者会見を見ていて「お、安田さんの顔つき、実にカッコイイな。まるで侍みたいだよ」って感じたんですよ。

安田 ハハハ、それはどうも。でも、ひどいヒゲ面だったからじゃないですか。

テリー もともと男前なんだけれど、あの時は特に頬もゲッソリしていて、でもすごくりりしくて、まるで幕末を駆け抜けた侍みたいに見えたんですね。

安田 昔、エキストラなら時代劇に出てみたいな、なんて少し思ったことはありますけれど‥‥(笑)。

テリー そう、僕も安田さんは役者をやればいいのにな、と考えていたんです。

安田 いやあ、お芝居なんて無理ですよ。

テリー 僕、テレビ業界にずっといるから、人の顔を見る目は確かですよ。安田さんはちゃんと信念を貫き通して、たくさんの修羅場をくぐってきた「いい顔」に仕上がっているんです。目つきもいいし、例えば人斬り以蔵の役なんか似合うと思うんだけどなァ。

安田 先ほど人づきあいの話をしましたけれど、人前に出るのも苦手なので、無理だと思います(笑)。でも、テリーさんにそんなふうに思ってもらえただけでも、うれしいです。

テリー もちろん拘束の謎は追っていくとして、今後の予定は?

安田 自分には、今回の件を説明する責任があると思いますので、講演や書籍の形などで、きっちり果たしていきたいと思います。

テリー とはいえ、まずは年末年始、ゆっくり休んでください。今年のお正月はお雑煮が食べられますね。

安田 ああ、久しぶりに食べたいですね。心配させた妻や両親との時間も、大切に過ごしたいと思います。

◆テリーからひと言

 いろいろな批判があるのはわかるけど、やっぱり大した人だと思うよ。あの目と存在感でイケると思うから、役者の道もぜひ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」