芸能

古田新太、新ドラマの「女装家役」が「ミタゾノ」松岡昌宏に勝てる強みとは?

 これで食いっぱぐれる心配なしと一安心(?)したのは、俳優の古田新太。4月20日スタートの連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)で主演を務める。

「放送は土曜夜10時の土曜ドラマ枠。かつて仲間由紀恵主演の『ごくせん』や天海祐希主演の『女王の教室』など熱血教師が大活躍する連ドラで高視聴率を稼いできた枠です。しかし、最近は数字が取れないでお荷物状態が続いています。そこで抜擢されたのが、御年53歳の古田。演じるのは同性好きで女装家の国語教師。私立高校を舞台に忖度なし、歯に衣着せぬ物言いで生徒たちをひっかきまわすという設定です。制作サイドとしては、キモ可愛い強烈キャラの古田を放り込んで、ズケズケズバズバ本音を言わせ、視聴者にスカッとしてもらおうという作戦じゃないですか。見てくれも言動もインパクト絶大なだけに、当たればデカい」(テレビ誌記者)

 古田の役どころは、昨今話題となったLGBTを意識したもの。もちろん専門家の折り紙つきで、女装パフォーマーのブルボンヌがキャラクターを監修している。古田もこれまで舞台などで女装経験がある。何より古田のモットーは「役者は監督、ディレクター、演出家の注文に『できない!』と言わない」。同性好き男性が経営するタイプのバーを経営していたという経歴も持つユニークキャラをリアルに演じるに違いない。

 4月ドラマでは、TOKIOの松岡昌宏が女装家政夫を熱演する「家政夫のミタゾノ パート3」(テレビ朝日系)も放送予定だ。

「スタート当初はキワモノ扱いされていたが、松岡の意外にきれいな“化けっぷり”もあり、次第に違和感がなくなってきた。パーフェクトな仕事ぶりが売りの家政婦だけに、家事のウンチクを披露するちょっと得する部分もあったりで、女性視聴者にウケています。古田はイケメン松岡にビジュアルではかなわないぶん、ゲラゲラ笑えるドラマにしたいと意気込んでいるそうですよ」(芸能ライター)

 一昨年、給料歩合制のため、7万円しかもらえなかった月もあったことをテレビで愚痴った古田。日テレを代表する看板ドラマの主役をついにゲット。「懐の心配をせずに過ごせる日々」が待ち構えている。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?