スポーツ

イチロー「日本開幕戦出場」でも「引退」包囲網(2)紅白戦で死球を与えた投手は…

 第一の「網」を投げつけるのは、相思相愛かに見える球団フロントだ。MLB関係者が明かす。

「今回の東京ドームで引退してほしい、というのがフロントの偽らざる本音です。マリナーズは球団の歴史が浅く自前のスター選手がいないため、イチローをマリナーズのユニホームで殿堂入りをさせるべく復帰させました。つまり、当時から戦力としてはカウントしていなかったんです」

 結果的に、開幕前後にケガ人などで外野手が手薄になり、5月頭まで契約続行することになったのは、神風が吹いたにすぎないという。加えて、マリナーズは昨オフ、複数のベテラン選手を放出し「若返り」を断行している。

「ジェリー・ディポトGM(50)はこれまで、イチローの開幕ベンチ入りこそ明言しても、『今季の目的は若手を育てること』と言ってはばからなかった。まだメジャーでの実績に乏しく、チームの不振が自身のクビに直結するGMにとって、イチローの『50歳まで』という願望をくむ余裕はまったくない。『日本の2試合で7安打すれば3試合目のチャンスがあるだろう』ともコメントしましたが、これは肩叩きですよ。イチローの開幕2戦の安打記録は、全盛期でも4本が最高なんですから」(MLB関係者)

 次の追っ手はメディアからの「圧力」だ。日本国内では大スターへの忖度もあってかほぼ皆無だが、米国内では「イチロー引退」の論調が一般的だというのだ。

「地元のシアトル・タイムズ紙は〈今回の開幕出場が昨年5月のフロント入り時での“契約”に含まれていた〉と報じており、特別に3人分の枠が増える日本開幕戦はともかく、本国での開幕ロースター入りには懐疑的です。同じく地元のラジオ局・ESPNシアトルでも『過去を振り返るのは飽きた。イチローがいると(地区優勝を果たした)01年を振り返ることになる』などと、現役続行に否定的な声が多く見られますね」(スポーツ紙特派員)

 さらにはチーム内にも、引退を歓迎する「反イチロー一派」が存在するというから穏やかではない。在米スポーツライターの証言。

「キャンプ中、2月20日の紅白戦で、イチローが右足に死球を受けて退場するシーンが見られました。幸い大事には至りませんでしたが、この時投げていたのは今季開幕投手を務めることが濃厚なフェリックス・ヘルナンデス(32)。彼にはかつて、マリナーズ第1次在籍時のイチローを追い出しにかかった過去があるんです」

※本記事は週刊アサヒ芸能3月28日号(3月19日発売)に掲載

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!