スポーツ

大谷翔平、復帰の裏にあったエンゼルス「厳しい懐事情」!

 エンゼルスの大谷翔平が5月7日(現地時間)のタイガース戦で219日ぶりに復帰。「3番・指名打者」でフル出場した。内容は4打数無安打1打点、1四球2三振だった。

 それにしても大谷は、練習再開のゴーサインが出るなり、急ピッチで調整してきた感が強い。実はこれには、低迷するチームの事情も隠されていたというのだ。

「エンゼルスは僅差での最下位争いを続けています。勝率5割にも届かず、早くも来季に向けてのチーム再編が始まりました」(特派記者)

 主砲・シモンズの放出説が報じられたのも、その一環だろう。メジャーリーグでは、優勝圏外に脱落したチームは主力選手を放出し、若手を獲得する。来年以降に備えるためだが、こうしたチーム再建案には、今回大谷の早期復帰も含まれていた。

「大谷がいないと商売にならないとまでは言いませんが、エンゼルスは大谷の影響力を再認識させられたことは間違いありません」(前出・特派記者)

 エンゼルス関連のグッズの売上げだが、今年もトップは大谷だという。キャンプから別メニューでチームを離れていたが、球場に訪れるファンが真っ先に手にするのは大谷関連の品物だ。もっとも、二刀流デビューとなった昨季ほどよりは勢いは落ちているが、それでもチームトップなのは、ファンに愛されている証拠だ。しかし、こんな声も聞かれた。

「大谷復帰前は、エンゼルスは優勝圏内から完全に脱落したわけではないものの、勝率が悪くなればなるほど、チーム再編のためにレギュラー選手の放出トレードは激しくなる状況でした。もし大谷が復帰しないまま低迷が続けば、大谷の復帰に対するファンの見方も変わり、『無理をさせるな』の声が、どんどん強くなる懸念があったんです」(スポーツライター)

 観客数も減ったエンゼルスにとって、大谷の復帰時期を前倒ししなければ、関連グッズの売上げを伸ばすタイミングも逸してしまう。

 大谷は打者に専念すれば40本塁打、40盗塁というメジャー史上5人目となる偉業達成も期待されている。この「40×40クラブ」入りすれば、エンゼルスは大谷グッズの種類を増やせる。しかも、シーズン途中からの「40×40クラブ入り」となれば、稀少価値も高まり、新グッズも製作できる。エンゼルスは大谷を是が非でも早期復活させなければならなかったのだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論