スポーツ

大谷翔平、復帰の裏にあったエンゼルス「厳しい懐事情」!

 エンゼルスの大谷翔平が5月7日(現地時間)のタイガース戦で219日ぶりに復帰。「3番・指名打者」でフル出場した。内容は4打数無安打1打点、1四球2三振だった。

 それにしても大谷は、練習再開のゴーサインが出るなり、急ピッチで調整してきた感が強い。実はこれには、低迷するチームの事情も隠されていたというのだ。

「エンゼルスは僅差での最下位争いを続けています。勝率5割にも届かず、早くも来季に向けてのチーム再編が始まりました」(特派記者)

 主砲・シモンズの放出説が報じられたのも、その一環だろう。メジャーリーグでは、優勝圏外に脱落したチームは主力選手を放出し、若手を獲得する。来年以降に備えるためだが、こうしたチーム再建案には、今回大谷の早期復帰も含まれていた。

「大谷がいないと商売にならないとまでは言いませんが、エンゼルスは大谷の影響力を再認識させられたことは間違いありません」(前出・特派記者)

 エンゼルス関連のグッズの売上げだが、今年もトップは大谷だという。キャンプから別メニューでチームを離れていたが、球場に訪れるファンが真っ先に手にするのは大谷関連の品物だ。もっとも、二刀流デビューとなった昨季ほどよりは勢いは落ちているが、それでもチームトップなのは、ファンに愛されている証拠だ。しかし、こんな声も聞かれた。

「大谷復帰前は、エンゼルスは優勝圏内から完全に脱落したわけではないものの、勝率が悪くなればなるほど、チーム再編のためにレギュラー選手の放出トレードは激しくなる状況でした。もし大谷が復帰しないまま低迷が続けば、大谷の復帰に対するファンの見方も変わり、『無理をさせるな』の声が、どんどん強くなる懸念があったんです」(スポーツライター)

 観客数も減ったエンゼルスにとって、大谷の復帰時期を前倒ししなければ、関連グッズの売上げを伸ばすタイミングも逸してしまう。

 大谷は打者に専念すれば40本塁打、40盗塁というメジャー史上5人目となる偉業達成も期待されている。この「40×40クラブ」入りすれば、エンゼルスは大谷グッズの種類を増やせる。しかも、シーズン途中からの「40×40クラブ入り」となれば、稀少価値も高まり、新グッズも製作できる。エンゼルスは大谷を是が非でも早期復活させなければならなかったのだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった