芸能

天才テリー伊藤対談「倉持由香」(2)俺もおいしい営業に行きたいなー!

テリー 本にも書いていたけれど、「グラドルは地位が低い」という認識には驚いたな。

倉持 私が憧れた小池栄子さんやMEGUMIさん、熊田曜子さん、ほしのあきさんが活躍されていた時代って、週刊誌の表紙、グラビアに出て認知していただいて、そこからバラエティー番組に出たり、さらに女優さん、ママタレントに行く、みたいな道筋があったと思うんです。でも今は、それがだいぶ難しくなってしまっている印象があります。

テリー それは、やっぱり最近の雑誌のグラビアをグループアイドルが席巻しているから?

倉持 はい。ここ数年はずっと雑誌の表紙もなかなか取れない状況で、このままでいくと、本当にグラビアアイドルという職業がなくなっちゃうんじゃないか、それぐらいの不安がありますね。

テリー 確かに、今はアイドルといっても、いろいろいるしなァ。下手すると、地下アイドルの子たちなんて、自撮りでお風呂に入っているところなんかを見せたりしているし。

倉持 そうなんです、他にも「モグラ女子」と呼ばれる方たちもいて。

テリー ああ、女性誌のモデルグラビアの子たちだよね。確かにいる、いる。

倉持 あと最近だと、コスプレイヤーと呼ばれる方々も人気なんですよ。

テリー それも知ってる、イベントでアニメやゲームのキャラになりきった衣装を着ている人たちなんでしょう。

倉持 はい、そこで人気のある子はやっぱり雑誌の表紙になったり、写真集を出したりしているんです。もう、いろんなところからかわいい女の子が出てくるので、完全に四面楚歌の状態なんです(苦笑)。

テリー グラドルはそこしか現場がないのに。つらい立場だよね。ちなみに、普通のグラビアアイドルの収入って、どのぐらいなの?

倉持 ぶっちゃけると、月収20万円くらいもらえていたら、だいぶ売れている子だと思います。私、今の事務所に入って8年目なんですが、駆け出しの頃は月収5000円ぐらいでした。

テリー ええっ、1日のバイト代じゃなくて!?

倉持 そうなんですよ。お金がなさすぎて、4年ほど事務所に寝泊まりしていましたから。

テリー じゃあ、グラビアアイドルって何が主な収入源になるの?

倉持 DVDや写真集を出した時のギャラがメインですね。あとはファンの方を呼んでの撮影会ですとか、最近はすっかり減りましたけど、パチンコ屋さんの営業とか。

テリー パチンコ屋か。せんだみつおやエガちゃん(江頭2:50)とか、よく行ってたような気がする。

倉持 そういうクラスの方は、1回100万円くらいもらっているんじゃないでしょうか。グラドルの私ですら、1回で10万~20万円くらい、いただけたので。

テリー ええっ? そんなの、俺だって毎日やりたいよ(笑)。しかし、そこまでせっぱ詰まってきたら、「もう、グラビアで乳首くらい出しちゃえ!」なんてことにならない?

倉持 いやぁ、それだと「ヌードアイドル」というアダルト系のカテゴリーになってしまうので。

テリー 違う扱いになるんだ。境界線が曖昧すぎて、俺にはまるで理解できないよ(笑)。じゃあ、乳首を手で隠したりするのは?

倉持 手ブラですよね。それは一昔前だと「着エロ」と呼ばれるジャンルだったんですが、今はもう、グループアイドルさんですら写真集では手ブラをされるのが当たり前。なので、グラビアアイドルは基本“手ブラありき”になっちゃってきているんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”