芸能

天才テリー伊藤対談「薄井しお里」(1)震災をきっかけに目指す道を決めて

●ゲスト:薄井しお里(うすい・しおり) 1990年、茨城県生まれ。2013年、法政大学卒業後に東北放送へ入社。アナウンサーとして夕方の報道番組などを担当。15年、東北放送退職。その後は地元でフリーアナウンサーとして活動しながら、18年、グラドルのオーディションを受けた際に現在の所属事務所の目に留まり、グラドルとして活動開始。アナウンサー時代にノーパンで原稿を読んでいたことを告白し、「日本一エッチな女子アナ」として話題となる。初の写真集「シ・オ・リ」発売中。6月25日には初のイメージDVD「シ・オ・リと申します」(ともにワニブックス)発売予定。

 東北放送の美人アナウンサーからグラビアアイドルへと華麗なる転身を果たして、現在そのセクシーさに注目が集まる薄井しお里。志高く報道の道を選んだ彼女が、なぜ「日本一エッチな女子アナ」と呼ばれるようになったのか。その理由と行動に、さしもの天才テリーも驚愕!

薄井 テリーさん、はじめまして。先日、初めての写真集が出ましたので、ぜひ見てください。

テリー おっ、じゃあ、さっそく見ちゃおうかな。(ページをめくりながら)いいねェ。東北放送のアナウンサーからグラビアアイドルに転身したんだってね。

薄井 はい。でも、まだデビューして1年たっていないんです。

テリー 今、薄井さんは「日本一エッチな女子アナ」って言われているらしいけど。

薄井 フフフ、そうみたいですね。東北放送のアナウンサー時代、ノーパンでテレビ出演していたことをバラエティー番組で告白したら、そう言っていただくようになりました。

テリー ええっ、なんだよ、それ(笑)。詳しく聞かせてよ。

薄井 はい。でも、話がそれだけになっちゃうと、私がただの変態になっちゃうので‥‥(苦笑)。

テリー わかったよ、じゃあ順番を追って聞いていこうか。しお里さんは、なぜアナウンサーを目指そうと思ったの。

薄井 高校生の時に放送部に所属していて、「NHK杯全国高校放送コンテスト」という大会に出場したんです。アナウンスと朗読の技術、発声や表現なんかを競うんですが、その全国大会で優勝しました。それをきっかけに、翌年春の高校野球で入場行進の司会に抜擢していただいたことがアナウンサーという仕事を意識したきっかけですね。

テリー へぇ、それはすごいな。

薄井 そのあと、大学2年生の時に東日本大震災が起こったことも大きいです。地元の茨城のライフラインが10日間止まってしまったので、「この道路は通れるようになった」「今日は海がすごく荒れている」みたいな情報を被災地に伝える役割をやらせていただいた時に、「あなたの情報を聞くと安心する」と、すごく喜んでいただけたことがうれしくて。アナウンサーを目指す気持ちが、さらに強くなりました。

テリー その思いから、東北放送に入ったわけだ。仙台の放送局ということは、楽天イーグルスのお膝元だよね。美人だから、さぞ選手に口説かれたでしょう。

薄井 いえいえ、私は夕方の報道担当だったので、選手への取材機会はなかったんですよ。

テリー なんだよ、つまんないな。

薄井 でも、確かに野球は大好きだったんです。私は法政大学卒なんですが、野球に関わりたくて、学内でいちばん弱い草野球チームにマネージャー兼プレーヤーで所属して頑張りました。

テリー あ、彼氏がその野球チームにいたんだろう。

薄井 いえ、その野球チームではなくて、野球部の方とおつきあいをしていました。

テリー すごいじゃん。法政の野球部といえば、六大学の中でも強豪チームだ。

薄井 はい、当時の彼もやっぱりカッコよく見えましたね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ