スポーツ

中田翔、「ケガから復帰」清宮の活躍&吉田「プロ一勝」で再燃する“不要論”

 北海道日本ハムファイターズで「世代抗争」が勃発した。6月20日のセパ交流戦・DeNA3回戦で、7試合ぶりのスタメン出場となった清宮幸太郎が同点2ランを放ち、存在感を誇示した。そのバックスクリーン右に飛び込む大飛球が放たれた時、三塁側の自軍ベンチ中央で両手を広げ、デ~ンと腰掛けていたのが、中田翔だった。

「中田は代打での途中出場でした。栗山英樹監督も、ペナントレースはまだ長いし、ちょっと休ませてやろうとしたんでしょう」(ベテラン記者)

 清宮と中田は同じファーストでポジションがかぶる。清宮に関してはいえば、今年3月に右手有鈎骨を骨折し、実戦感覚も取り戻す間もなく、一軍昇格を果たした。猛打爆発とまではいかないが、それなりの結果を出している。

 そうなると再燃してくるのは”アノ話”だ。

「中田は2017年シーズンにFA権を取得しましたが、行使せずに残留し、昨年オフに3年契約を交わしました。日ハムは高額年俸のベテランを容赦なく切るドライな一面もありますので」(前出・ベテラン記者)

 また、6月12日には、吉田輝星が一軍デビューマウンドで「一発回答」を出した。ここまで先発ローテーションを守ってきた上沢の故障も重なり、打撃は清宮、投手は吉田と新しい風もチームに吹き始めた。確かに、中田の立場も危うくなってきているようだ。打つことに関しては、中田は貫禄十分だが…。

「清宮は守備がヘタと言われてきましたが、中田にはない武器があります。股関節の柔らかさですよ。相撲の股割りのように、送球をキャッチする時に、ベッタリと大腿部の内側が地面につくほど足を開いて捕球をしています。守っている内野陣は『1mは得をした』と、アウトになる確率が高くなったことを喜んでいます」(プロ野球解説者)

 交流戦序盤では、ファールゾーンでスライディングキャッチを敢行するガッツも見せている。目下、各マスコミは夏の甲子園大会の取材準備で元高校球児にインタビュー取材を申し込んでいる。昨夏のヒーローである吉田に集中しているのは説明するまでもないが、それに続くのは、清宮。中田も通算本塁打の記録保持者だが、今年は素通りだ。輝星、清宮の2人によって、「中田、いらない」の声が再燃しつつあるのだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」