スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「斎藤誠厩舎のワンツーあるぞ」

 今週の重賞は一つ。中央場所(福島、中京)にはなく、函館で行われるGIII函館記念(芝2000メートル)がそれだ。先週のメイン、七夕賞と同じくハンデ戦で争われるだけに、比較的よく荒れる重賞として知られる。目下4年連続して馬単で万馬券になっており、今年も簡単には決まりそうにない。

 このレースに馬単が導入された02年以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は半数以上の9回(馬連は4回)。それ以前、馬連のみの時も万馬券はよく出ている。今回の顔ぶれを見ても混戦、難解なだけに、人気どおりの一筋縄では収まるまい。

 では、その人気、有力馬は、どんなところだろう。

 前哨戦の巴賞を勝ったスズカデヴィアス、同2着のナイトオブナイツを筆頭に、実績のあるエアスピネル、休み明けで巴賞(9着)を使われた函館巧者マイスタイル、そしてドレッドノータス、メートルダール、福島民報杯を制して勢いに乗るレッドローゼスあたりか。しかし、背負わされるハンデもあり、予断は許さない。

 そのハンデは54~57キロを課せられる頭数が多いこともあり、よく連対している。最も多いのは56キロだ。年齢的には5歳馬の活躍が目立ち、続いて7歳、4歳、6歳の順。高齢馬を軽くみてはいけないことも、データをひもとくとわかる。

 そうした傾向を頭に入れたうえで、勝ち馬をあぶり出してみよう。

 穴党として大きく狙ってみたいのは、アーバンキッドだ。前走の巴賞(6着)は、放牧明けで2カ月半ぶりの実戦。にもかかわらず、勝ち馬とコンマ7秒差の競馬だったのだから評価していい。

 しかし休養前、前々走の福島民報杯は、期待に反して12着と大敗しており、前2走の結果から人気は低いだろう。であれば、願ったりだ。

 新馬戦を期待どおりに勝ち上がり、マイル、中距離路線で大いに注目されたが、2、3歳時は重賞でも上位争いを演じながら、なかなか勝ちきることができなかった。2勝目をあげたのは4歳の秋で、1000万条件(現2勝クラス)まで下がっていた。気性面で難しいところがあり、折り合いを欠くことが多かったからだ。

 が、年齢を重ね、精神面で成長。楽に折り合えるようになり、距離を延ばしても好走するようになった。ならば大いに注目すべきである。

 これまで2000メートルの距離は〈0 0 1 3〉と連絡みはなく、重賞挑戦は3歳夏のラジオNIKKEI賞(3着)以来になるが、陣営はヤル気をにじませる。

「6歳馬だが、衰えはこれっぽっちもない。そればかりか、使われたことで大幅良化。パワーがあり、北海道の洋芝は合う。滞在競馬なので、福島民報杯の時のように体重の大きな減り(12キロ減)は考えられない。落ち着きが出た今なら、2000メートルでも力は出せる」

 斎藤誠調教師は、こう言って変わり身、期待のほどを口にしている。巴賞から中1週での競馬になるが、とにかく元気いっぱいだ。

 血統も父がハーツクライ、母の父がスウェイン(キングジョージ連覇を含むGI4勝)という配合なら、2000メートルはむしろ望むところだろう。しかもスワーヴダンサー(仏ダービー、凱旋門賞)が近親にいる良血でもある。

 ハンデは、恐らく54~55キロ。チャンス十分とみた。

 斎藤誠厩舎は、ブラックバゴとの2頭出し。同馬は先週、函館入りしたばかりだが、ノーザンファーム空港牧場でたっぷりと乗り込まれて好仕上がりだ。

 ともに道悪、力のいる馬場は得意。晴雨にかかわらず、斎藤誠勢のワンツーさえも期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
4
今年もネットで議論百出!「24時間テレビ」チャリティランナー決定に批判の声
5
欅坂46松田里奈、「アイドルとしては放送事故級のクイズ回答」の大波紋!