芸能

いとうあさこ、絶妙にゴールが遅れたのは「確信犯」だった!?

 夏の風物詩である「24時間テレビ」(日本テレビ系)が8月24~25日にかけてオンエアされ、今年も高視聴率を記録した。人気の「嵐」がメインパーソナリティーを務めたこともあるが、名物のマラソンを近藤春菜、ガンバレルーヤ・よしこ、自局の水卜麻美アナ、そして、いとうあさこがアンカーの駅伝方式で、平均視聴率が16.5%、番組ラストの瞬間最高視聴率が39%と、ともに昨年を上回る成果を見せた。

 ただし、このエンディングにいとうは会場の両国国技館に到達していない。番組は20時54分までだったが、いとうが3人のメンバーと手をつないでゴールしたのは4分遅れの20時58分。

「時間内にゴールできなくてごめんなさい」

 いとうは平謝りだったが、確かに、最大の見せ場が生中継に間に合わないのは、本来なら重大なペナルティである。ところが、局としては実は万々歳。そのあとの「行列ができる法律相談所」でリレー中継となると、前週までを大きく上回る26.3%の視聴率を記録したのだ。つまり「24時間テレビ」の後番組に引っ張る形で高視聴率をあげるパターンが、ここ十数年は珍しくなくなっている。

 そのきっかけとなったのが、07年に65歳の史上最高齢で走った萩本欽一だ。24時間テレビではゴールできなかったが、後番組でリレーすると43.9%のメガ視聴率。年々、不要論が叫ばれるものの、たとえ時間内でゴールできなくても、いや逆にゴールできなかったほうが視聴率の連鎖を生むマラソンを辞める気配はまったくなさそうだ。むしろ「味をしめた」と思われてもおかしくはない。

 放映直後にデーブ・スペクターが「絶対見ない」と皮肉を連発していたが、今後は「合わせて後番組も見ない」とぶちかましそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」