スポーツ

金田正一氏「400勝」の超えられない偉業が意味する日本プロ野球史の変遷

 先頃亡くなった、400勝投手の金田正一氏。残した偉業を褒めたたえる向きとは逆に、その時代背景を率直に指摘する記者もいる。

「プロ野球の歴史の中で、最も変わったのは、投手の起用方法と言われます。先発完投型が普通とされた昔に比べ、今は先発、セットアッパー、ワンポイント、クローザーと完全分業制。金田氏でさえ、先発での勝利数は268勝ですが、救援でも132の勝ちをあげている。また、1965年に巨人に移籍する前の3年間の勝利数は、62年=22、63年=30、64年=27でしたが、移籍後は、65年=11、66年=4、67年=16。これは、巨人の投手陣が豊富だったことに加え、当時の監督だった故・川上哲治氏のもと、積極的に投手の分業制を進めていたからです」(スポーツ紙記者)

 昔は無茶苦茶な登板をさせていたものだ。たとえば、西鉄の鉄腕、故・稲尾和久氏などは年間42勝の記録を持っているが、その時の先発勝利数が24、救援勝利18で、実に78試合に登板している。

「金田氏の場合、強靭な体力を持っていたことは間違いありませんが、当時の国鉄という投手の頭数が足りない弱小球団にいたことが400勝の土台になっているとも言えます。一方、現在のような肩の消耗が気遣われる環境では、毎年、最多勝投手になるぐらいでなければ400勝どころか名球会にも入れない。そうした意味でも、現代のプロ野球の投手は、任された各ポジションごとでもっと評価されてもいいのではとも思います」(野球記者)

 いずれにせよ、金田氏の400勝という数字は今後、日本プロ野球界においては出てこないだろう。

(蓮見茂)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
バックから抱きしめられてアヘ顔!石田ゆり子の抱擁ショットが艶すぎるッ