スポーツ

金田正一氏「400勝」の超えられない偉業が意味する日本プロ野球史の変遷

 先頃亡くなった、400勝投手の金田正一氏。残した偉業を褒めたたえる向きとは逆に、その時代背景を率直に指摘する記者もいる。

「プロ野球の歴史の中で、最も変わったのは、投手の起用方法と言われます。先発完投型が普通とされた昔に比べ、今は先発、セットアッパー、ワンポイント、クローザーと完全分業制。金田氏でさえ、先発での勝利数は268勝ですが、救援でも132の勝ちをあげている。また、1965年に巨人に移籍する前の3年間の勝利数は、62年=22、63年=30、64年=27でしたが、移籍後は、65年=11、66年=4、67年=16。これは、巨人の投手陣が豊富だったことに加え、当時の監督だった故・川上哲治氏のもと、積極的に投手の分業制を進めていたからです」(スポーツ紙記者)

 昔は無茶苦茶な登板をさせていたものだ。たとえば、西鉄の鉄腕、故・稲尾和久氏などは年間42勝の記録を持っているが、その時の先発勝利数が24、救援勝利18で、実に78試合に登板している。

「金田氏の場合、強靭な体力を持っていたことは間違いありませんが、当時の国鉄という投手の頭数が足りない弱小球団にいたことが400勝の土台になっているとも言えます。一方、現在のような肩の消耗が気遣われる環境では、毎年、最多勝投手になるぐらいでなければ400勝どころか名球会にも入れない。そうした意味でも、現代のプロ野球の投手は、任された各ポジションごとでもっと評価されてもいいのではとも思います」(野球記者)

 いずれにせよ、金田氏の400勝という数字は今後、日本プロ野球界においては出てこないだろう。

(蓮見茂)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?