芸能

新井恵理那 男を狂わせる「3億円フェロモン」(1)「男ころがしテク」でレギュラー継続

 もはや「売れっ子キャスター」どころではない。美女アナのパワフルな活躍を支えているのは右肩上がりのギョーカイ支持率。舞台裏では、老いも若きも男をメロメロにする濃厚フェロモンを発散させていた。

 今年のテレビ出演本数ランキング(ニホンモニター調べ)で全タレント中5位、女性部門ではハリセンボン・近藤春菜に次ぐ2位に輝いたのは、フリーアナウンサーの新井恵理那(29)。上半期の同ランキングでは女性1位だっただけに、「次期女王」の筆頭候補と言っていい。

「月曜から金曜まで朝の帯番組(『グッド!モーニング』テレビ朝日系)に出演していることが大きいですが、近年はMCやアシスタントを務める番組、単発のゲスト出演も一気に増えました。特にハマっているのはテレ朝で、出演番組が打ち切りになってもあとの同枠の新番組に彼女だけが続けて出演する、そんなケースまであるぐらいです」(エンタメ誌記者)

 レギュラー継続のウルトラCを可能にしたのは、ひとえに新井の「男ころがしテク」のたまものだろう。番組プロデューサーに「食事のお誘い」の丁寧な手紙を出し、現場スタッフには手料理を差し入れるなど、数々の「おもてなし」をアサ芸は報じてきた。その一端を実体験したのは、ベテラン芸能レポーターの佐々木博之氏だ。

「共演時、彼女が段取りをトチッて、私が同じような内容のコメントを繰り返さなければならなくなりました。でも、スタッフは彼女が何かミスしても、まったく怒らないんですよ。天然っぽい雰囲気で、間違っていてもかわいくて、終了後に謝りに来た際には、私もついつい『全然いいですよ』と返していました(笑)」

 新井の所属事務所には、同じくフリーアナの川田裕美(36)がいるが、元局アナのキャリアに裏打ちされたトークやMCのスキルではとうてい及ばない。だが新井には、それをカバーして余りあるナマのルックスや性格のよさがあるという。佐々木氏もそんな印象にゾッコンの一人で、

「番組スタッフと話していると、『新井さんってホントにかわいいでしょ』とデレデレしている。仕事上のゲストである出演者に向かってベタボメするなんて聞いたことがありません。とにかく男性スタッフの人心掌握は完璧。どの局も彼女の熱烈なファンだらけです」

 その影響下にあるのはスタッフだけではない。

「所ジョージや爆笑問題の番組ではレギュラーとしてかわいがられており、ゲスト出演した『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも『さんまさんのせいで(男の理想が高くなって)好きな人ができなくなりました』と語るなど、大物の扱いにもたけているようです」(エンタメ誌記者)

 大御所からの「ご指名」はますます増えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化