芸能

嵐と米津玄師ファンが「火花バチバチ」になっている!?そのワケとは

 嵐とシンガーソングライターの米津玄師との初コラボが発表され、ファンをザワつかせている。

 2020東京五輪・パラリンピックのNHKテーマ曲を米津が作詞作曲、嵐が歌うことになった。タイトルは「カイト」で、大みそか放送の「第70回NHK紅白歌合戦」(NHK)で初お披露目される。

 米津は「僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。どうか広く行き届きますように」とコメント。嵐を代表して相葉雅紀が「米津さんが作ってくださったこの曲は、頑張っている人が救われるようなやさしさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。この曲でオリンピック・パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます」と、大いに意気込んでいる。

 だが、両者のファンの間では期待と不安が渦巻いているという。

「嵐ファンは当代一の人気シンガーソングライターとのコラボで、鬼に金棒と言った気分じゃないでしょうか。活動休止イヤーの盛り上がりをパワーアップしてくれるともろ手をあげて賛成している。米津の歌う自作曲が、ロングランでバカ売れする中、他のアーティストに提供した楽曲も負けずに売れています。Foorinの歌う『パプリカ』や菅田将暉の『まちがいさがし』、DAOKOの『打上花火』などヒット曲ぞろいで、書いてもらえばバカ売れ間違いなしの状態ですから、嵐ファンにとっては、新たな面が見られると期待が膨らむばかりです。NHKの五輪テーマソングということもあり、必然的に番組はもちろん、局をあげての大プッシュとなり、歴史に名を残す名曲になることが確実視されている。大感謝しきりなんです」(芸能ライター)

 だが、ネット上の一方の米津ファンの心境は複雑で、楽曲提供することなく、米津自身に歌ってほしいという要望が圧倒的だという。また、ジャニーズへの楽曲提供に難色を示す者も少なくなく、曲をメンバー5人のソロでつなぐ歌割に対する抵抗感も強いようだ。

「嵐は『24時間テレビ』や『奉祝曲』の生歌を披露しましたが、それが、歌唱力がズバ抜けている米津のファンにとってはどうしても、物足りなく感じられているようです。米津の曲の良さを十二分に生かし切れないと、憂う声も少なくありません」(ネットライター)

 米津ファンの「懸念の声」がこだましている。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント