スポーツ

天才テリー伊藤対談「中西学」(3)五輪、新日入門時の挫折を経験して

テリー 今年はオリンピックイヤーですが、中西さんも92年のバルセロナ五輪に、レスリングのフリースタイル100キロ級で出場しましたね。

中西 はい、25歳の時です。その前のソウル五輪でも最後まで予選に残ったんですが、その時、代表になった本田多聞先輩にまったく歯が立たなくて。なんとか倒したいと練習して、4年後に本田先輩に勝って出られることになりました。

テリー すごい、4年間執念を燃やして勝ち取った出場権ってことですものね。オリンピックに出場するというのは、どういう気持ちなんですか。

中西 僕は浮かれてしまって、完全に自分を見失いましたね。

テリー ええ~!

中西 チヤホヤされることに慣れてなかったんですよ。それまでにも世界大会に出たことはあって多少はチヤホヤされたんですけれど、オリンピック代表ともなると扱いは全然違いますし。

テリー そりゃそうだ、世界が注目するスポーツの祭典だものね。

中西 とにかくマスコミの人や周りからメダルを期待されるんです。専修大学のオリンピック選手からも「レスリング部って伝統があるから、もうメダル候補ですよね」って言われたらその気になって「はい!」とか言っちゃって。今から思うと「アホやな」と。自分では地に足着けた練習をしていたつもりだったんですが、オリンピックが決まってからは完全に浮足だってしまいました。

テリー その一方、期待に応えなきゃというプレッシャーもありますしね。

中西 結局2回戦で負けてしまいました。もっと謙虚に現実を見て臨んでいれば、もう1~2回ぐらい勝てたかもしれへんと思いますね。

テリー そのあと、幼稚園の時から憧れていた新日本プロレスに入るわけですよね。気合い十分という感じで臨めましたか。

中西 いえ、けっこう落ち込みました。

テリー また、どうして?

中西 プロレスラーに要求されるスタミナが、これまでと根本的に違いすぎたんです。レスリングって、どんなに長くても試合は10分くらいなんですが、昔の(アントニオ)猪木さんや(ジャイアント)馬場さんなんて、ヘタすると60分間戦い続けたわけです。3~4時間ハードな練習をしてヘトヘトになっているのに、そこからまたスパーリングが始まって、みたいな感じですから。もうイチから出直す感じでした。

テリー それはキツいね。

中西 僕が持っているいいところはデビュー戦でずいぶんと引き出してもらったんですけれど、それは周りにサポートしてもらったおかげです。そのあと、どんどんボロが出てきてしまって。

テリー どうやって、その苦境を乗り切ったんです。

中西 アマチュア時代もモノになるまで10年ぐらいかかったんだから、プロレスもそれくらいかかるくらいに思ってやらなあかんな、と気持ちを切り替えたんですね。謙虚な気持ちで、基本をしっかり時間をかけてやる。だから7年目、99年のG1 CLIMAXで初優勝できた時は本当にうれしかったですね。

テリー ちなみに中西さん以降、五輪のレスリング選手はプロレス入りしていないじゃないですか。昔はジャンボ鶴田さん、長州力さん、馳浩さんとか、たくさんいたと思うんですけれどねェ。

中西 確かにちょっと寂しいですね。そういう人材が今後入ってきたら、プロレスはもっとおもしろくなると思うんですが。

※対談日は引退試合前

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった