スポーツ

桑田真澄、「PL学園野球部入部早々に野球断念」挫折体験を後輩に初耳激白!

 PL学園高校時代はスラッガーの清原和博と〈KKコンビ〉と呼ばれ甲子園大会では5回連続出場、チームをけん引した桑田真澄(元読売ジャイアンツ)だが、PL学園野球部に入部して早々に野球断念を考えるほどの挫折を味わったという意外な過去を激白した。

 PL学園で後輩にあたり、元プロ野球選手の片岡篤史のYouTubeチャンネル「片岡篤史チャンネル」、2月22日投稿の「PL学園復活についてとPL学園からスカウトが来た時の心境など、昔の話をたくさん聞いてみたよ~」でのことだ。

 中学2年の時、すでにPL学園のスカウトの目に留まるエリートで、期待を背負いPL学園野球部に入部した桑田だが、なかなかチャンスに結果を残せず、5月には監督から「野手転向だ。もう無理だろ高校じゃ」と告げられ「目の前が真っ暗になった」という。野球をやめようと思い、6月には母親に「(寮から実家に)連れて帰ってくれ」と泣きついたというから今の桑田からは想像もつかない過去だ。

 そんな桑田だが、試合では相手打者に外野フライすら打たせなかったという中学時代と今(高校生になって)と何が違うのかを分析してみた結果、良い球が投げられなくなった意外な原因に気づいたという。

「専属のコーチから『ピッチングの基本、常識を教えてやる。これを忠実に守ると良いピッチャーになれるぞ。肩は下げちゃいかん、肘も下げちゃいかん』って言われて、忠実に守ったよ」

 ところがそれまで桑田は、基本とは正反対の、左足を上げたら右肩を大きく下げる投球フォームで結果を残してきた。つまり、コーチの言いつけを守ったことが、調子を悪くした原因だったというのだ。

 野手転向後、教わったことをいっさい気にせず投げた外野からの目の覚めるような返球を見た清水一夫臨時コーチが桑田の投手としての素質を見抜き、投手に復帰。その年の夏には清水コーチが監督に直談判して、自身の進退をかけて桑田をマウンドに送ったというが、このエピソードの続きは、近日投稿される予定のようだ。

 古くは、イチローの振り子打法を決して認めることのなかったオリックスの土井監督を思い出す。本来、選手を育てる立場の監督、コーチが有望な選手の個性を潰してしまうとは、本末転倒な話である。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化