芸能

石川さゆり「金と男」に翻弄された「怨歌人生」(3)嫁姑問題がこじれ離婚を経験

 そして、石川の演歌歌手としての地位を決定づけたのが、86年の「天城越え」だった。

「この曲で『新演歌の女王』と呼ばれるようになり、3人とは一線を画したスター街道を歩むことになった。『天城越え』について『私にはまったくわからない世界』だったと言い、作詞した恩師の吉岡治に『先生が浮気をした時の歌ですか』と尋ねたこともあったといいます」(ベテラン芸能記者)

 だが、プライベートでは、好事魔多しである。81年、ホリプロのマネージャーからルポライターに転身した馬場憲治氏と結婚。スターの石川は歌手を続けながら、馬場氏の実家の敷地に両親と同居の兄夫婦と子供3人、弟夫婦と子供1人、石川夫婦と長女・佐保里ちゃんの3世帯4家族13人が住む大家族生活を送った。

 しかし、作ったみそ汁がしょっぱすぎると言われた話まで噴出する始末。嫁姑騒動などの末に、89年に離婚してしまう。

「頑張ったけど、ダメでした」

 と記者会見で嫁、妻、母、歌手の一人4役を背負わされた生活の苦渋を振り返った。

 離婚の条件は特になく、4歳の佐保里ちゃんを連れて、身の回りの物も持たずに家を出る。覚悟の離婚だった。

 だが、女盛りの31歳、色香を失うはずもない。離婚前から「白馬のルンナ」のヒットで知られる女優、内藤洋子の夫でミュージシャンの喜多嶋修氏(娘は喜多嶋舞)と噂になったり、故郷・熊本のテレビ局関係者で石川の個人事務所のスタッフになった男性、音楽番組プロデューサーとの不倫疑惑が報じられもしたが、金銭スキャンダル以降、男の影はピタリと消えたままだ。

 2月19日には新アルバム「粋~Iki~」が発売された。日本をつづるとして続けてきた童謡、民謡に続く第3弾(最終章)。端唄や小唄、都々逸‥‥それをラッパーKREVAのラップ、超絶テクで知られるギタリストMIYAVIのプレーなどでアレンジした、意欲的な一枚である。

 これについてマスコミの取材に応じ、「歌の世界でいろんな女性を表現してきたことが少しでも活かされるのであればという思い」(週刊新潮2月20日号)、「男と女の切ない思いの交換や、遊郭にせっせと通う男の人の気持ち。歌だからねと、心を開放するのがすてき」(読売新聞夕刊2月13日)と語っている。

 酸いも甘いも‥‥それが石川さゆりワールド。だからこそ、その姿が万感胸に迫る。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!