スポーツ

武豊と名馬たち「6度目の凱旋門賞挑戦に自信!」

 数々の名馬の背で得たものが「騎手・武豊」に蓄積され、彼にしかできない手法で、5頭のサラブレッドをダービー馬にした。

 今年その背でダービーを制したキズナとは、実は、デビューしたときから、ちょっとした縁があった。

 キズナは昨年の10月7日、京都芝1800メートルの新馬戦でデビューした。そのとき武は、米国サンタアニタパーク競馬場のGII、アロヨセコマイルで、ノースヒルズ代表の前田幸治が所有するトレイルブレイザーに騎乗(2着)するためロサンゼルスにいた。

 トレイルブレイザーのチームと現地で食事をしていたとき、ノースヒルズのスタッフが日本に電話をし、キズナの新馬戦を携帯電話を通じて実況中継した。キズナが勝つと、武はチームの面々と「カンパーイ」とグラスを合わせた。

 アメリカで勝利を祝った馬で翌春の日本ダービーを勝ち、そして秋、フランスの凱旋門賞に臨むのだから、人と馬とのつながりというのは面白い。

 父のディープインパクトは、そっと制御しないと突っ走ろうとするなど敏感すぎるところがあった。キズナは逆に、折り合いにまったく問題がない代わり、スパートをかけようとしても、ディープやウオッカのように、いつでもどこからでもビュッと動けるわけではなく、エンジンがフル回転するまで時間を要する。しかし、それはむしろ、密集した馬群のなかで我慢を強いられるフランス競馬に適した特性を有している、と言うこともできそうだ。

 武にとって凱旋門賞は、94年にホワイトマズルで初参戦してから、これが6度目となる。

「直線の長いロンシャンは絶対にいい。ディープでああいう結果(3位入線後失格)になってから、ずっとディープの仔で参戦したい、そして勝ちたいと思っていました。今年の日本ダービー馬なのだから、胸を張って行きたいですね。凱旋門賞初参戦から20年近く経ち、これが6度目ですか。もちろん、そろそろぼくが勝ってもいいころだ、と思っています」

 第92回凱旋門賞が行われる2013年10月6日が、日本の誇る天才騎手・武豊にとって、そしてすべての競馬ファンにとって、歴史的な一日となるか。しかと見届けたい。

 

◆作家 島田明宏

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
2
人気女子アナ「バストだけ総選挙」ベスト20(3)テレ東・森香澄が得意のダンス技で…
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ
5
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)