芸能

のん、NHK出演で容姿絶賛の一方で出た“やっぱり変わらない”あの指摘

 女優・のん(能年玲奈)が3月11日、「ニュース7」(NHK)に生出演を果たし、大反響を呼んでいる。

 この日の「ニュース7」では9年が経った東日本大震災の特集を放送。岩手県が舞台となった13年の朝ドラ「あまちゃん」の主演を務め、それをきっかけに今も被災地の支援活動を続けているというのんが、ゲスト出演した。

「のんは前日、NHKの『あさイチ』にも生出演し、東北への思いなどを語っていましたが、ネット上ではその時から《透明感がハンパない》《見ているだけで癒やされる》《今のテレビには必要な純粋さ》などの声が上がり、11日も同様の絶賛ぶりでした。CMなどで最近の容姿は知られていますが、生放送で見ると、大人への成長ぶりは一目瞭然。丸みを帯びた子供っぽかった顔はすっきりし、10日、11日と衣装は地味めだったものの、ボディラインもすっかりオンナを感じさせ変貌を遂げていましたね」(週刊誌記者)

 のんは15年、事務所独立騒動により本名の能年玲奈を芸名として使用できない状況を余儀なくされ、事実上の休業状態に。17年から「のん」として活動を再開させるが、完全に「干された」状況が続いていた。

「それでも『あさイチ』には時折出演を果たしており、昨年7月には一部メディアの取材を受けたマネジメント会社社長が『約20社ものCMに出演し、ほとんどスケジュールはいっぱい』としています。ただ、今回もその容姿に絶賛の声が上がる一方で、《のんちゃんにトークは振っちゃダメ》《生放送は向いていない》との評価もあるように、フリーでのしゃべりのぎこちなさや、天然ぶりを今にも出しそうな危なっかしさは変わっていない。やはり映画やドラマなど作品の中の“女優”として彼女を見たいという声は多いですね」(芸能記者)

 そろそろ、その時も近づいてきたか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す