芸能

下半身が反応!?「ダブルベッド」打ち切りも“H胸グラドルとの攻防”が称賛!

 3月26日、バラエティ番組「ダブルベッド」(TBS系)が最終回を迎えた。番組内では、放送終了が伝えられなかったため、視聴者から驚きの声が相次いだという。

「『ダブルベッド』は、初対面の男女が7日間の同棲生活を送るという内容です。今回の放送後、公式ツイッターは、出演者の花束写真とともに『半年間ありがとうございました!』と番組の終了を報告。番組では最終回だと触れられていなかったため、SNSにて『え、終わりなんですか!?』『木曜夜の楽しみがなくなる!』と悲しむ声が殺到。また、番組出演者の男女は毎日同じベッドで眠るため、新型コロナウイルスの影響が番組終了を早めたと予想する声もあがっています」(テレビ誌記者)

 そんな「ダブルベッド」の最終回では、落語家・林家たま平と、Hカップグラドル・わちみなみによる最後の夜を放送。冒頭から、胸元の大きく開いたシャツを着たわちが、前かがみでお風呂掃除をするなど、サービスシーンが話題に。さらに終盤、たま平とわちのベッドでの攻防にも大きな注目が集まった。

「最後の夜、これまでおとなしかったたま平が『1週間で(関係を)終わらせたくない』と、わちの体を何度も強く引き寄せ、ベッドの上で全身を密着。それからしばらく、気持ちが抑えられない男と、眠りたい女の攻防が放送されました。また、その途中、たま平がトイレに行く場面があったのですが、なぜか中腰で小走りだったため、副音声で見守っていたMCの平成ノブシコブシ・吉村崇から『たま平、しっかり“勃ち平”じゃねぇかよ!』と下半身をツッコむ場面も。これには視聴者から『あのHカップを前にしたら仕方がない!』『頑張れ!勃ち平!』『好感度あがった』と、応援の声が殺到することとなりました」(前出・テレビ誌記者)

 最終回にて「これからもまた会ってくれる?」と言うたま平に対し、「うん…、そうだね」とアイマイな答えを返したわち。たま平の悶々とした気持ちは、しばらく続くことになるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった