スポーツ

浅田舞・真央、「嵐にしやがれ」“綱渡り企画”でカラダ「激ヤバ変化」が判明!

 アスリートには似つかわしくない推定Gカップの爆裂バストで、世の男性たちを魅了してきた元フィギュアスケーターの浅田舞の胸が小さくなっているのではないかと指摘されている。

 浅田は4月4日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)に、妹の真央といっしょに出演。嵐とおいしいスイーツを賭けて嵐と対戦する“スイーツデスマッチ”を繰り広げた。

「この時、浅田は以前にも番組で挑戦したことがあるスラックラインに再度挑みました。これはベルトの上を綱渡りのように進んでいくトレーニングで、不安定な状態になるため体が上下左右に大きく揺れます。ところが、舞の胸はまったく揺れることがありませんでした。そして小さく見えたんです。揺れないように胸を締め上げ、その影響で小さく見えたということも考えられなくはないのですが、Gカップがあそこまで小さくなることはない。やはり胸そのものが縮小していると考えていいでしょう」(週刊誌記者)

 浅田舞は今年になってから、胸が小さくなっていると囁かれきたが、どうやらそれは間違いないようだ。

 同時に真央も小さくなっていると噂されている。彼女は競技の第一線を退いてから胸が大きくなっているとささやかれ、一時期は姉の舞に迫らんとするサイズになったと評されたこともあった。

「真央もスラックラインに挑戦しましたが、“揺れ”はなし。かなり小さくなっているように見えました。サイズはBといったところでしょうか。姉妹そろってのサイズダウンは残念です。できることなら小さく見えたのが、たまたまであってほしいものですが、真央のインスタグラムで4月2日に公開された姉妹の写真を見ても小さいので、もう間違いないでしょう」(前出・週刊誌記者)

 姉妹そろって小さくなってしまった理由は何か。早く以前のボディを取り戻してほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」