スポーツ

それ、濃厚接触?佐々木朗希の「エクササイズ映像」に入った“思わぬツッコミ”

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレビ局も情報番組などでは、キャスター同士の距離をおく、出演者の1~2人をスタジオ外からワイプ(小窓)の映像で映すなど、感染拡大防止策を講じている。

 一方で、疲れた世界を元気づけようと、さまざまな企画もスタート。「めざましテレビ」(フジテレビ系)では、「おうちで楽しもうWEEK」と(テレビ画面上の番組表で)銘打って、外出自粛を喚起している。

 その一環として誕生した新企画が、トップアスリートが教える「おうちトレーニング」。在宅で運動不足気味になっている人のために、簡単にできるエクササイズなどをVTRで紹介するというものだ。

 4月13日の早朝に登場したのは、千葉ロッテマリーンズのゴールデンルーキー・佐々木朗希と、サッカーブラジル代表のネイマールだった。

 佐々木が披露したのは肩甲骨のストレッチ。両腕を背中側に伸ばしたうえで、さらに「押してもらうんです」と本人が解説した。

 と、ここで、チームメイトなのか番組取材スタッフなのか、誰かが、佐々木の左右のひじをくっつけるように内側に向かって軽く押してあげる映像が流れたのだ。

「朝5時頃とはいえ、全国で何十万もの人『それ、濃厚接触じゃない?』と突っ込んだんじゃないですか。あくまで想像ですが、もしかしたらこの映像は佐々木のたぐいまれな肩甲骨の可動域のすごさを取り上げるための別企画として事前収録してあったんじゃないでしょうか。というのも、この日の放送は、外出自粛を訴え、『家で濃厚接触せずにできる運動』を紹介する新コーナーの第1回目。それまであった“素材”をうまくつかって、各界の至宝をキャスティングした形にしたかったのでは…」(芸能記者)

 ちなみに、佐々木の次に登場したネイマールは自宅でソファーに座ったままのリフティングを教えていた。

 VTRの直後、スタジオのアナウンサーは、佐々木の映像について、「あれくらい柔らかいと160キロ(のスピードボールを)投げられるんですね~」とコメントしていたが、「突っ込むところが違う!」とテレビの前の視聴者は思っていた!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史