女子アナ

徳永有美 18日ぶり「報ステ」復帰も「富川アナと一緒でも…」現場証言!

 4月27日、「報道ステーション」(テレビ朝日系)に18日ぶりの番組復帰を果たした同番組MCのフリーアナ・徳永有美。同11日にコンビを組む富川悠太アナの新型コロナウイルス感染が発覚したことにより、森川夕貴アナらとともに自宅での経過観察を続けていた。

 富川アナのほか同番組スタッフの間で4人のコロナ感染者が出たことを受け、復帰直後に「感染拡大防止を呼びかけてきたにもかかわらず、番組で複数の感染者が出てしまったことを重く受けとめております」とコメントした徳永。当面、彼女はスタジオに入らず、別室でのリモート出演を行うという。

 徳永の復帰について「まずは無事でよかったという思いですね」と語るのは同局関係者だ。こう続ける。

「報道番組としてスタッフの間で感染が広がったことは痛恨の極みですが、体験したからこそ伝えられることもあるはず。今後は富川アナの復帰後に『コロナ感染検証企画』を放送する予定です」

 一方、18日ぶりの復帰を果たした徳永について同関係者は「局内では『戻ってくる必要なくない?』との声も根強いんですよ」と明かす。

「代打でMCを務める小木逸平アナ、森葉子アナが引き続き出演しているだけに、わざわざリモートで出演する意義は薄いのではという見方です。『富川アナと同時復帰でもいいのでは』との意見も少なくない。たしかに徳永が出ることで視聴率はいくぶん稼げるのでしょうが……」(前出・テレ朝関係者関係者)

 視聴者としては一安心ではあったが…。

(山倉卓)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」