芸能

夜の女子アナ「豊満バスト化」最前線(1)小川彩佳がバスト「肥大化」

 一日を締めくくる夜の報道番組に異変あり。各番組の女性キャスターが、足並みそろえてバストを大胆アピールする傾向が見受けられるのだ。無意識か、それとも故意か。衣服の下からその存在感をしっかと示す、豊かに実る2つの果実に男たちの目は釘づけ。注目の14名の豊満バストを持つ女子アナの現在を徹底レポートする!

 深夜のお茶の間を静かに騒がせているのが、「news23」(TBS系)でメインキャスターを務めている小川彩佳(35)。テレビ朝日時代からスレンダーでメリハリのあるボディが胸を引き立てる隠れ巨乳として評判だった。が、このところ明らかにバストの「肥大化」が進んでいるというのだ。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「今年2月に第一子の妊娠が発表されましたが、そのせいか、顔や体全体の肉づきがよくなった印象です。もちろんバストもその例に漏れず、ゆったりめの衣装でも胸のシルエットがわかるほどに変化していますよ」

 出産は夏頃の予定ということで、さらなる変化を期待したいというマニアにさらなる朗報が。

「おそらく、皆さんの望みどおりにブクブク膨らんでいくことでしょう」

 と話すのは、小川をよく知る民放局ディレクターだ。

「妊娠すると食欲がわくタイプとわかないタイプに分かれますが、小川の場合は、明らかに前者。女子アナの中でも『痩せの大食い』として有名で、学生時代には『食べ放題同好会』を仲間内で結成、都内のバイキングを行脚していたほど。おなかの子供に栄養を与えるための食欲が、さらなるバストアップにも作用しそうです」

 そんな小川の古巣である「報道ステーション」(テレビ朝日系)では、スタッフの新型コロナウイルス感染やメインキャスター・富川悠太アナの家族トラブルなど、何かと騒動が絶えないご様子。ここはもう一人のメインキャスター・徳永有美(44)のムッチリボディにウイルス祓いをお願いしたいところだ。芸能評論家の織田祐二氏もその肉づきに注目して、

「先月27日にリモートで番組に復帰した時には、パツパツの白Tシャツ姿を見せてくれました。コロナ太りの影響もあるのか、ボリューム感満載のバストがより目立っていましたね。御年44歳のエロスで、なんとか番組の負のオーラを払拭してもらいたい」

 その一方、「オバさんは引っ込んでいろ」と言わんばかりに、若さあふれるバストで番組を盛り上げるのが、金曜日のメインキャスターを務める森川夕貴アナ(26)だ。

「自身のインスタグラムに『報ステ』の衣装を投稿していますが、タイトな衣装を身に着けた時には巨乳と呼んでも差し支えないほどの重量感があります。しかも、バストがちょっと下の位置にあるので、おそらくマシュマロのような柔らかさに違いありません」(丸山氏)

 この熟したWバストのパワーで、ぜひ「報ステ」を祓い清めてほしい。

 片や、「報ステ」と同時間帯に独自路線のワイドショーを展開しているのが「バラいろダンディ」(TOKYO MX)。一癖も二癖もあるコメンテーターたちと共演するアシスタントMCの大島由香里(36)は、巣ごもり動画でサービスショットを披露しているが、

「シャドーボクシングの要領で空手やテコンドーの動きを繰り返すワークアウト『ボディコンバット』を10年ぶりに再開した動画をMXのツイッターアカウントで公開しています。顔を上気させるほど一心不乱にパンチやキックを繰り返すせいで、黒いタンクトップからFカップの豊乳があわやポロリしてしまいそうなほど。後ろ蹴りのたびにあらわになる谷間は、まさに生唾ものです」(芸能記者)

 フジテレビ時代、「ニュースJAPAN」で脚光を浴びた巨乳は健在。気になる方は、番組をとくとご覧あれ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”