芸能

エース女子アナ大激震「格付けバトル」の行方(3)日テレ・笹崎里菜が抜群のバランス感覚で…

 殿堂入りの最強エース・水卜麻美アナ(33)擁する日本テレビでは「土俵際の大逆転」が起こりつつある。驚異の粘りを見せているのは、ホステス経験による『内定取り消し裁判』のゴタゴタを経て15年に入社し、出演番組の少なさから「退社間近」とも報じられていた笹崎里菜アナ(28)だ。日テレ関係者が明かす。

「日の目を見ない間も、笹崎アナは地道に局内で人脈を構築していました。アナウンス部の2大派閥である『水卜派』と『久野会』の双方の会合に顔を出すなど、抜群のバランス感覚を発揮している。また彼女はアネゴ肌の一面もあり、同期の尾崎里紗アナ(27)や親しいスタッフらと『笹崎組』とも呼ばれるグループのまとめ役となっているんです」

 こうして土俵際からのうっちゃりが飛び出そうとしている‥‥。

「今や笹崎組にはベテランプロデューサーや大物構成作家まで参加するようになって、局内外で彼女の味方が激増している。仕事では昨年の『ラグビーワールドカップ』の中継に抜擢され、今後も番組出演が大きく増えるもようです。仮に水卜アナがフリー転身することがあれば、一躍、笹崎アナが新エースとなりうる状況なんですよ」(日テレ関係者)

 硬軟バランスのいい人材を擁するテレビ東京は、2年前に中途入社を果たした竹崎由佳アナ(27)がここにきて、出世レースを勝ち抜くとみられている。

「17年入社の竹崎アナ、角谷暁子アナ(25)、19年入社の池谷実悠アナ(23)、田中瞳アナ(23)、森香澄アナ(25)のテレ東の若手5人は『局設立以来の大豊作』と呼ばれるほどの粒ぞろい。それだけに互いのライバル意識も強く、人気番組レギュラーの座を競っているのですが、中でも竹崎アナが『異例のキャリア』による圧倒的な人脈で出世レースを勝ち抜きそうです」(放送作家)

 どのようなキャリアの持ち主なのか。

「『子役出身』『ホリプロタレントスカウトキャラバン大阪代表』『元関西テレビ人気アナ』というバラエティーに富んだ経歴です。あまりに顔が広いため、仕事先から『竹崎アナをブッキングしてほしい』と逆指名されるケースも多々あるんです」(放送作家)

「ウィズ・コロナ」時代はより気配りが求められる時代なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?