芸能

“来年1月で解散”石原プロ「爆発軍団」の8大事件史(1)散歩と称して外に連れ出し

「石原軍団」の異名で知られる石原プロモーションが、来年1月16日をもって幕を閉じる。ボス・石原裕次郎から始まって、代貸・渡哲也へとバトンがつながれて58年。男たちが刻みつけた武勇伝をあらためて振り返ろう。

 石原プロモーションは1963年、当時日活に所属していた石原裕次郎(享年52)が個人事務所として設立した。そこへ裕次郎を敬愛する渡哲也(78)や、その渡を兄のように慕う舘ひろし(70)が加入して、いわゆる「石原軍団」が形づくられていく。それだけに「ボス」である裕次郎が病に倒れ、そしてこの世を去ったことは大きな衝撃となった。芸能レポーター・石川敏男氏が振り返る。

「石原プロは文字どおり、裕次郎さんを慕う男たちの集団だった。渡さんはもちろん、日活時代からのスタッフで実務面を取りしきっていた“コマサ”こと小林正彦専務(享年80)もそう。また、当初は現場の裏方さんも日活出身が多かった。だからこそボスが亡くなった時、その存在意義を問われることになったんです」

 当初、代貸である渡は裕次郎亡きあとの石原プロの存続に否定的だったというが、

「結局、まき子未亡人や残されたスタッフのために石原プロを存続させることを決断した」(石川氏)という。まさに、苦渋の末の男の決断だったというわけだ。ともあれ軍団の存続を左右したボスの死は芸能界のみならず、日本全国に喪失感をもたらし、さまざまな物語を残した。石川氏が続ける。

「解離性大動脈瘤、肝臓癌と危機が続いたあと、小康状態を保ってハワイで静養していた86年のことです。静養先に勝新太郎さんが見舞いに訪れた。その時、裕次郎さんが静養するコテージの垣根にタバコを忍ばせたというんです。タバコを持っていくとまき子夫人に怒られるので、その直前にね。それでしばし見舞ったあと、裕次郎さんを散歩と称して室外に連れ出し、タバコを吸わせてあげたとか。勝さんは『(裕次郎に)タバコを吸わせてやったよ』とうれしそうに話していました」

 ひたすら夫の体調を気遣うまき子夫人にすればシャレじゃすまないが、いかにも昭和の大スター同士という話ではないか。ましてや、対外的には裕次郎の病が不治であることは知らされておらず、本人にも告知されていなかったのだから‥‥。

 結局、裕次郎はハワイ静養からおよそ1年後の87年7月17日、入院先の慶応義塾大学病院にてその命に幕を降ろす。ボスが倒れるという一大事、そして勝新との常識外のエピソードは、その大転換期に起きた事件であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策