芸能

古舘伊知郎、「報ステ」が原因で銀座のクラブに行けなかった?

テリー 報ステは、やっぱり大変でしたか。

古舘 そうですね。爆笑問題の太田(光)さんにも、よく廊下で会うと「古舘さんのおもしろさが出てない。なんで全部背負い込むんですか」って言われたんですけど、やっぱり背負うんですよ。自分のひと言で、反対の側からガンガン抗議が来るわけですから。誰かを傷つけたりもするし。そういうので、日夜悩んでましたよね。背負ってる分だけ快感もありましたけど。

テリー へぇ、どんな?

古舘 ちょっと追い詰められて、責任感を感じてやってるドキドキ感という快感。だからけっこう脳内麻薬が出てたんじゃないかなって。

テリー それでも辞めたのは何だったの?

古舘 12年やって、自由にしゃべらせてもらいたいなっていうわがままですよね。このままだと「トーキングブルース」もできないし、みたいな。

テリー 女の子とも遊べないしね。

古舘 12年、銀座のクラブにも一度も行けなかったんですよ。あれ、何ですかね。情報番組の司会者なら、女性がいる店で飲んでもいいじゃないですか。でも、ニュースキャスターになると、急に基準が上がって「女なんか、はべらせてバカヤロー」って言われるんです。

テリー その傾向は最近どんどん強まってるよね。俺、最近あんまりコメンテーターもやりたくないんですよ。例えば今回のコロナも最初、横浜にダイヤモンド・プリンセス号が来た時、神奈川の知事も埼玉の知事も「来るな」って言ったでしょう。東日本大震災の時は、日本中で助け合おうという雰囲気になったのに、それは何か変だなと。そういう中でコメントしてるのが気持ち悪いと思ったんです。そもそも俺、そんないい人じゃないし。

古舘 テリーさんなんて昔、CSの番組とかで、大宮のエッチなキャバクラで女の子の胸触ったりしてましたよね。

テリー それ、今もやってます(笑)。だから俺、そんな偉そうなこと言える立場じゃないんですよ。

古舘 でも、正しいことのみが正しいんだっていう世の中はつまんないですよ。僕は邪悪な正義っていうのもあると思ってるんです。やたら「こうじゃなきゃいけない」って自粛警察みたいな人が増えてもね、窮屈じゃないですか。

テリー ねぇ、嫌な時代になったよ。でも、古舘さんは司会をやって、コメンテーターをやって、ライブをやって、役者もやって、やりたいことがたくさんありますよね。

古舘 いや、そうでもなくて。僕はやっぱりトークなんですよ。だから、これからは「トーカー」としてね。

テリー なに、それ。そんな言葉があるの?

古舘 いや、ないと思うんですけれども、私は掲げたんですよ。

テリー ストーカー?

古舘 じゃなくて、スを取ってね(笑)。実は僕も遅ればせながらYouTubeを始めたんですよ。それで最近は「街のすき間を描写する」っていうのをやってるんです。

テリー いいなぁ。もう、おもしろそう。

古舘 ガードレールの5センチぐらいのゆがみを見て、これ、バイクがぶつかったわけでもなさそうだけど何だろうと。それを5分実況するとか、そんな意味のないことを始めたんですよ。そういう都会の「色即是空」を描写していこうかと。

テリー すごいねぇ、ますますトークに磨きをかけていくわけだ。

古舘 僕は噺家さんではないですしね。だから、トーカーとして、これから死ぬまで頑張っていきたいなと。ようやく、これだけになりましたね。

◆テリーからひと言

 やっぱり、しゃべりに対する情熱がすごいなぁ。久しぶりの「トーキングブルース」で何が飛び出すかわからないね。今日の対談もヒントにしてくれるらしいし、僕も絶対見ますよ。

(アサヒ芸能8月13・20日合併号「天才テリー伊藤対談」=4=)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史