芸能

追悼・渡哲也「78歳壮絶死」までの「逆境無頼」56年(2)CM出演料を回転資金に…

 2人の間の障壁となったのは、吉永の父親だった。

「あんな男じゃ、お前が苦労するのは目に見えている」と猛反対。吉永につきまとって、渡を近寄らせなくしたのだった。吉永は渡との結婚を認めてもらおうと再三、両親の説得を試みたものの、抗しきれず。

「吉永にとって『初めての男』と言われた渡との大恋愛は、2年余りで破局を迎えた」(映画関係者)

 そんな渡が最後まで希望していたのが、吉永との共演だった。日活黄金期を支えた「恋人」の死に、吉永は直筆の追悼コメントを寄せている。

 71年、日活がロマンポルノ路線に舵を切ると、渡は日活の専属を離れ、石原プロモーションに入社する。日活の先輩として尊敬していた石原裕次郎を慕ってのことだった。ところが──。

「これ、皆さんのお茶代に使ってください」

 渡は入社の際、経営難に直面していた石原プロのために、当時の全財産である180万円(サラリーマンの年収4年分)を裕次郎に差し出した。裕次郎は「気持ちだけ受け取った」と、のちに明かしている。

「その頃、渡ほどのスターを各社が放っておくはずはなく、松竹や東宝で主演作が次々と公開されました。中でも獲得に熱心だったのが、アウトロー映画の総本山たる『東映』。当時の岡田茂社長以下、あの手この手で渡の引き抜きに奔走しています」(映画関係者)

 名物プロデューサーだった日下部五朗氏は、渡の東映移籍第1弾として「仁義なき戦い」(73年)の主役を用意したことも本誌に明かしている。だが岡田社長直々にセッティングした会食の席で口説かれた際、渡は裕次郎への恩を理由に、きっぱりと断ったという。

 映画産業の斜陽化に伴い、石原プロは8億円とも言われる負債を背負うことになる。その窮地を救ったのがテレビ界への進出であり、「大都会」「西部警察」などの大ヒットだったのだ。

「その後も石原プロの危機はありました。渡はそこでも私財を注ぎ込んで、会社を存続させるべく奔走。特にここ10年ほどは予算の大きな制作関連の仕事もさほどなく、大所帯の石原軍団を維持していくのはかなり大変だったと聞いています。そこで渡のCM出演料などを事務所の回転資金に充てていたとか。もともと、ドラマなどの制作を請け負って軍団所属俳優を起用するビジネスモデルだっただけに、ジリ貧状態になっていた。ただ、裕次郎さんの『俺の死後は事務所をすぐに解散させろ』という遺言を破り、存続にこだわった。それだけに、裕次郎さんの33回忌までは事務所は畳めない、という渡さんなりのけじめがあったそうです」(芸能関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】