芸能

渡部建、松本人志・有吉弘行の“イジり”に垣間見る「不貞騒動」の処遇

 6月11日に「トイレ不貞」が発覚してから早くも70日ほどが経過したアンジャッシュの渡部建を巡り、テレビ業界が“次の段階”に入ったとの見方が広まっているようだ。

 その発端は8月19日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて、アンジャッシュの得意ネタをもじった「キングオブすれ違いコント」なる企画の放送。ここでプレゼンターとして登場したさらば青春の光・森田哲矢は「上半期、芸能界を揺るがした大ニュースと言えばやはり渡部さんの件ですよね。渡部さんがテレビに出なくなって、あの人の持ってた枠がいろいろ空いたじゃないですか」と、何のオブラートにも包まず渡部がテレビから消えた件について語ったのである。

「森田の説明を受けてダウンタウンの松本人志も『そうか、手広くやってたからね』と過去形で語る始末。どうやらバラエティ番組の現場ではすでに、渡部は過去の存在という立場になったようです。それに加えて翌20日に放送された『有吉クイズ』(テレビ朝日系)でも、渡部の不祥事がすでに“イジってもいい段階”に入っていることが示されました」(テレビ誌ライター)

 その「有吉クイズ」ではMCの有吉弘行が東京・六本木にある大人向けグッズの専門店を訪問。縄やローソク、鞭といったアイテムを物色しながら、「有吉の壁」(日本テレビ系)で共演する佐藤栞里の誕生日が近いということで、頭からすっぽり被る形の拘束マスクを購入していた。

 そのマスクは目と口の部分にジッパーが付いており、本来は開け閉めしながら拘束プレーを楽しむという代物。そんな艶系アイテムのマスクを手に有吉は、佐藤が渡部と共に司会を務めていた「王様のブランチ」(TBS系)を引き合いに出したのである。

「渡部の芸能活動自粛により佐藤が一人で司会を務めることになった6月13日の放送では、オープニングで感極まった佐藤が落涙する場面が。その件を念頭に有吉は『渡部さんの件の時に(拘束マスクを)あげときゃよかった。涙が出た時はこう閉じるという。で、乾いたら開けるという』と茶化してみせたのです。そんなヒリヒリしそうな発言にも関わらず、出演者のせいややみちょぱは手を叩いて笑っていました。どうやら渡部の一件はもはや笑い話に昇華してしまって構わないというコンセンサスが、バラエティ業界に広まっているようです」(前出・テレビ誌ライター)

 放送局が異なる二つの番組にて2日連続でイジられた渡部にはもう、テレビ界に戻る場所はないのだろうか。なお拘束マスクをプレゼントされた佐藤は有吉曰く、「あの佐藤栞里ちゃんが機嫌悪そうだった」とのことだ。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”