芸能

コロナ禍「芸能事件簿」セレクション(1)米倉涼子の計画がコロナで崩壊

 ワイドショーで新型コロナと酷暑の話題が「主役」になる中、芸能ニュースは埋もれることもしばしば。が、水面下では大きな動きが! 人気タレントへの選挙打診、視聴率女王の渡米断念、老舗事務所の次なる退所候補‥‥。コロナ禍でひそかに流れる「スクープ」詰め合わせの舞台裏を以下に──。

 今年3月に大手芸能事務所「オスカープロモーション」を電撃退社した米倉涼子(45)。それ以降、もっぱら米国での本格的な武者修行を控えて、ドラマ出演はなく沈黙を続けたままだった。が、そんなやさき、8月中旬にドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」のスピンオフで、勝村政信が主演を務める「ドクターY~外科医・加地秀樹~」(いずれもテレビ朝日系)への出演が発表されたのだ。

「ドラマには岸部一徳や内田有紀も出演し、おなじみのメンバーが集結しました。久々の撮影に米倉のテンションが上がったのか、『ドクターXもやりたいね~』と復帰宣言が飛び出るほど上機嫌でした」(芸能記者)

 撮影現場ではノリノリの米倉だったが、その裏では、新型コロナが海外での芸能活動に深刻な影響を及ぼしていた。

「本来は独立前から決まっていた秋ドラマで『ドクターX』を放送し、そのあとはブロードウェイなど舞台で勝負するため、米国を拠点に活動する予定でした。それがコロナで病院の撮影が難しくなって『ドクターX』の延期が決まるばかりか、渡米もコロナでタイミングが不透明となり、断念せざるをえなくなったのです。どうせ日本にいるのなら、せめて『ドクターX』だけでもという心境なのでしょう」(芸能プロ関係者)

 今後はコロナの状況しだいだが、しばらくは日本に軸足を置くことに。そうなればドラマオファーも殺到しそうだが、悩ましい問題もあった。

「視聴率女王の米倉が出演すれば話題になるし、数字も約束されたようなもの。ただし、主演となればギャラは1本700万円前後が相場とみられ、コロナ禍で制作費を削っている最中に支払える局はなかなか出てこない」(芸能記者)

 このままでは「失敗しない」とわかっていても、民放ドラマの主演で活躍する姿は見られなくなってしまうのか‥‥。

 その米倉の古巣は、昨年末以降、忽那汐里、岡田結実、ヨンア、長谷川潤が相次いで退社。今後、堀田茜と紫吹淳も追随する意向であることが報じられた。

「オスカー関係者の間では『10月までに4~5人は退社する』と言われています。まさかと思ったのが、上戸彩(34)。夫のHIROがネガティブ報道ばかり噴出する事務所を心配し、自分の事務所に限らず、移籍を考え始めているそうです。他にも剛力彩芽(28)が秋に辞める話が漏れてきている。復縁した前澤友作氏の影響でスポンサー筋のウケが悪く、独立してどうやって芸能活動をやっていくのか、疑問は残りますが‥‥」(芸能プロ関係者)

 水面下では真矢みき、森泉らにも早期退社の噂が流れているが、老舗芸能プロの正念場は続きそうだ。

 一方、7月中旬に事務所の解散が報道され、その約1カ月後に肺炎のため渡哲也を亡くした「石原軍団」。激動の夏を過ごしている最中にあって、大御所の舘ひろし(70)と神田正輝(69)は独立してもやっていけそうだが、その他はどうか。

「中堅から若手俳優で知名度があるのは他に徳重聡(42)くらい。他のタレントの移籍先は難航すると思われていました。ところが解散報道後、複数のプロダクションから問い合わせがあったそうです。プロダクション側としては『元石原軍団』の肩書が使えて話題になるので、まだまだ売り出せると判断したのでしょう」(芸能プロ関係者)

 石原プロを支えてきた石原裕次郎や渡も、ホッと一安心といったところだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス