スポーツ

「ビュン!」「バン!」仁志敏久が「長嶋監督の指導法」で吐露していた“意外本音”

 主に巨人で活躍した仁志敏久氏。背番号は原辰徳氏の「8」を与えられ、その意思を継いでか、入団1年目から109安打を放ち、巨人の野手では原氏以来15年ぶりの新人賞に輝き、以後6年連続で100本以上の安打を記録する活躍ぶりで、長嶋茂雄第2次政権において「巨人の1番打者」を印象付けた感がある。

 そんな仁志氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席~イージーパイ~〉に出演、9月11日投稿〈【仁志敏久】最強の一番打者理論!プロとアマチュアで違う一番打者の役割【読売ジャイアンツ】〉で、長嶋監督(当時)の独特な指導法について明かした。

 バッティングの調子が落ちてくると素振りを見てもらい、長嶋監督から指導を受けることもあったと振り返る仁志氏、吉田から「どんなふうに指導受けてたんですか?」と問われると仁志氏は「みなさんが知ってる通りですよ、ビュンとかバンとか」と吉田の笑いを誘った。

 しかし、「それが一番わかりやすいんですよ。ここでビュンとか、ここでバンとか言ってもらったほうが型にはめなくて済むんですよ」と、意外な発言の仁志氏。「こういうカタチ」といった細かい指導は、そのカタチをマネする以外なくなるが、「こういう感じ」とフィーリングで伝えると一度頭で考え、自分の中にそのテイストを取り入れることができるので有効だと、ヘタな個人的な理論は必要ないと持論を展開したのだ。

 理論的に説明するのが苦手なのでは…と勝手な先入観を作っていたが、今回の仁志氏の発言により、長嶋監督がより深い指導者であったことが理解できた気がした。

 今後も、様々な場面で、長嶋監督の教えついて明かしてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!