スポーツ

阿部慎之助が継承する原監督「独走頭脳」の秘密を元戦略コーチが徹底解説!

 2年目となった第3期原ジャイアンツの強さはまさに本物。しかし、リーグ優勝した昨季にも共通することだが、今の巨人は戦力的に決して恵まれたチームではない。

 今季の規定打席到達者は坂本勇人(31)、丸佳浩(31)、岡本和真(24)の3人だけで、これはリーグ最少人数。ローテに目をやっても、開幕12連勝の菅野智之(30)を除けば、高卒2年目の戸郷翔征(20)が8勝と役割を果たしているのみだ。

 となれば、首位を独走する現在の巨人の強さを語る際に、原辰徳監督(62)の采配手腕については避けて通れないテーマだろう。12年から3年間、原巨人で1軍戦略コーチと打撃コーチを歴任した橋上秀樹氏に話を聞いた。

「指導者として原監督が優れているところはいくつもあると思いますが、特筆すべきは勝負どころを見極め、策を素早く繰り出す決断力です。例えばチームの4番に対しても、チャンスと見れば送りバントの指示を出すことをためらいません。私は楽天時代に野村克也監督の下でヘッドコーチも務めましたが、あの野村監督ですらそうした原監督の采配を見て、『原はすごい。俺はあんなことようせんわ』とボヤくほどでした」

 そして、そんな原監督からの明確な「後継者指名」を受けたのが、指導者としての野球人生を歩み始めたばかりの阿部慎之助2軍監督(41)だった。

 事の発端は9月16日のこと。元木大介1軍ヘッドコーチ(48)が急きょ、虫垂炎で入院、手術を行うことになったのだが、その報告を受けた原監督が、即座に阿部2軍監督を「ヘッドコーチ代行」として東京ドームに呼び寄せ、その日から1軍のゲーム指揮にかかわらせたのだ。

 アサヒ芸能10月15日号(10月6日発売)では、そんな阿部2軍監督が原監督から学ぶ「ジャイアンツの帝王学」をレポート。橋上氏による詳細な人物分析もお届けする。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”