芸能

能年玲奈「次作は“あまちゃん”と真逆な暴走族ヤンキー」(2)茶髪の万引き不良少女に変身

20131024l

 まさに「じぇじぇじぇ」な展開だが、今回の作品に出演するまでは紆余曲折があったという。

「この作品はこれまでにもたびたび映像化を求めるファンが多かったが、原作者の意向で一度も実現されていません。95年に瀬戸朝香主演で放送したドラマ『終わらない夏』(日本テレビ)は、あまりにも内容が酷似しているとクレームがつき、ビデオ化が中止になる騒動になった。今回は初めての映像化ということで、40代以上のオールド世代からは大歓迎されるでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 物語のあらすじは、40代のヤンキー直撃世代には懐かしいストーリーと言っていい。

「能年演じる中学2年生の和希は、母親の誕生日に万引きを見つかり、補導されてしまう。その後、転校生のヤンキー同級生に誘われ暴走族が集う夜の国道へ。そこで出会った年上の暴走族の特攻隊の春山と出会うことになる。父親のいない和希は、暴走族メンバーたちの仲間に入り、髪の毛を脱色して茶髪にしたり、バイクを盗んだり、同じような家庭の境遇の春山にしだいに引かれていく、というヤンキーの青春ラブストーリーとなる」(前出・芸能プロ関係者)

 監督には、現在公開中の「陽だまりの彼女」(東宝)で監督を務める三木孝浩氏が予定されているという。

「注目の相手となる暴走族の春山役は、現在、複数の候補からしぼり込んでいるようです。とはいえ、キャストには実年齢よりも原作に忠実な見た目が求められています。ちょいワルなイケメンヤンキーを演じられる三浦春馬(23)、佐藤健(24)、二宮和也(30)などが候補としてあげられているようです」(前出・芸能プロ関係者)

 はたして、能年とタンデムライドを決めるのは誰?前出・今井氏からはこんなリクエストが飛び出した。

「暴走族といっても、『ホットロード』はヤンキーでなくても乙女は誰でも見ていた80年代を代表する少女漫画です。男性向けのヤンキー漫画と違い、性的な匂いはないので、能年ファンには受け入れられるはず。相手役には『あまちゃん』の種市先輩こと福士蒼汰(20)しか思いつかないですね。いっそ、このまま山口百恵と三浦友和みたいな伝説になるのはどうでしょう」

 いやいや、中年ファンはそんな生々しい能年の姿はまだ見たくない。とまれ、映画公開は来年夏に全国ロードショー予定である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽