スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「良血タイセイドリーマーの一発」

 春の中山開催は2週目。早いものでクラシックの蹄音が大きくなってきた。

 今週のメインは弥生賞ディープインパクト記念。牡馬クラシック(牝馬の参戦も可)第一弾、皐月賞のトライアルレースである。

 2週後に行われる同じ前哨戦のスプリングS以上に本番との関連性は高く、ここで勝ち負けして皐月賞、ダービー馬に輝いた馬は少なくない。

 近いところでは05年ディープインパクト、09年ロジユニヴァース、10年ヴィクトワールピサ、16年マカヒキといったところだが、その後のGI戦で活躍する馬も数多くいる。まさに、ファン必見の重賞と言っていい。

 であるなら、今年も勝ち負けした馬は頂点に立つ可能性が大きく、そうした観点で各馬の能力を値踏みすることも必要だろう。

 クラシック候補の筆頭格は、目下3戦土つかずのダノンザキッドか。昨年暮れのGIホープフルSを制した2歳王者で、そのスキのない安定した走りっぷりは、特筆モノと言っていい。

 そして現在、新馬─特別を連勝中で、名手ルメール騎手とのコンビが特に魅力のシュネルマイスターもヒケを取らないだろう。

 ほかにも京成杯2着タイムトゥヘヴン、未勝利戦を好タイムで勝ち上がったゴールデンシロップ、休み明けだった京成杯で3着と上昇が見込めるテンバガーなど、いずれも評価が高い素質馬ぞろいである。

 馬券的にもおもしろい一戦だが、まずは過去のデータをひもといてみよう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は3回(馬連2回)。この間、1番人気馬は9勝(2着3回)、2番人気馬は6勝(2着2回)で、1、2番人気馬のワンツー決着は4回。馬単で万馬券にならなかった年は1、2番人気馬のどちらかが連対を果たしており、本命党向きの堅い重賞と言ってよさそうだ。

 まあ、ここで勝ち負けした馬が、クラシックでも好勝負を演じるケースが少なくないため、堅いのは当然と言えば当然か。

 とはいっても、今年は前述したように好素材ぞろい。各馬のキャリアの浅さを思えば、意外やどう転ぶかわかったものではない。簡単に人気サイドでの決着となるかどうか、難しいところでもある。

 ということで、穴党としては、やはり斜に構えてみたい。期待を寄せるのは、タイセイドリーマーだ。

 1勝馬の身だが、強敵ぞろいのここに使ってくるのだから、陣営の期待の大きさ、意気込みのほどがわかろうというもの。

 前走の若駒Sは4着。2番手を追走し、いい感じに見えたが、直線で失速してしまった。多分にキャリアの浅さが露呈してのものと思われるが、道悪も影響していたのではないか。

 しかし、この中間は順調そのもの。調教では相変わらず軽快な動きを披露しており、状態はさらによくなっている印象を受ける。

 実際に厩舎関係者は「まだまだ良化の余地は十分。前走より良化していることは確かで、ここで通用していい素質馬」と口をそろえ、仕上がりのよさを強調する。

 ハーツクライ産駒で、アカ抜けた好馬体の持ち主。伯父ジェイビーズサンダーは米GI勝ち馬で、血統的にも秘めた力は十分とみていいだろう。良馬場での一発があっていい。

 ワンデイモアもおもしろい。未勝利─1勝クラス平場を連勝中で、その強烈な末脚は魅力たっぷり。一族にメジロティターン(天皇賞・秋)、メジロライアン(宝塚記念)がいて、この馬も奥は十分だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場