スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ピースワンパラディ好走必至」

 春のGI戦は残すところ宝塚記念のみとなり、今週は東西でGIII戦が行われる。東のエプソムカップは一線級の姿こそないものの、重賞の常連ダイワキャグニー、昨年の覇者レイエンダ、新潟大賞典2着の上がり馬アトミックフォースなど、なかなかの顔ぶれ。見応え十分の白熱したレースが展開されるだろう。

 まずは、過去のデータを見てみよう。

 馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は3回(馬連は0回)のみ。この間、1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬は3勝(2着4回)。1、2番人気馬のワンツー決着は3回。比較的堅く収まる重賞であることがわかる。

 また、充実期に入った4歳馬の活躍が目立っており、11勝(2着8回)というすごさ。その次は5歳馬の5勝(2着6回)で、6歳馬は1勝(2着3回)。7歳以上の古株の連絡みはなく、このあたりは頭に入れておいてもよさそうだ。

 ならば前記した人気、有力どころから入るのが馬券の筋と言えそうだが、穴党としては、やはり斜に構えてみたい。

 昨年は13年ぶりに馬単万馬券になったが、引き続き今年も──という期待を抱いて狙ってみたいのは4歳の上がり馬、ピースワンパラディだ。

 オープン入り初戦となるが、力は十分通用していい。それだけの大器と言えるからだ。

 近親に女傑ホエールキャプチャ(ヴィクトリアM)がいる良血で、素質はかなりのもの。前走の3勝クラスを勝ち上がったあともすこぶる順調。今回が休み明け3走目ということで状態はさらによくなっており、1週前の追い切りも文句なしだった。

 マイル戦は〈3 1 0 0〉と最も得意そうにみえるが、1800メートルも1戦1勝と十分に守備範囲。それにこれまでの8戦は全て左回りで〈4 2 2 0〉と馬券圏外に敗れたことはなく、東京コースも〈2 0 2 0〉と実に相性がいい。

 梅雨時でもあり道悪になる可能性も大だが、8戦のうち4戦が稍重と不良馬場だったように、そのあたりの不安もなく、むしろ歓迎のクチ。ここは、走れる条件がそろっているのだ。大きく期待したい。

 そしてもう一頭、こちらは抽選待ちになると思われるが、出走できればおもしろいのが5歳馬のワイプティアーズである。

 決め手に甘く、大きな特徴もないため評価は低い。しかし、無理使いせずにここまできたので、まだまだ若く、これからがピークという印象がある。

 オープン入り初戦となった前走の都大路S(4着)もよく頑張っていた。道悪は決して上手とは思えないが、重馬場の中、外々を回るロスもありながら勝ち馬とコンマ4秒差は評価していい。

 前走後はここを目標にしっかり乗り込まれており、1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。状態はかなりよさそうだ。

 加用調教師も「ひと息入ったあとの前走を使われてさらに良化している。前々で粘り込むのが理想だが、東京で悪いイメージはない」と話している。

 ここにきて地力強化してきたことは確かで、ならば相手なりに走る勝負強さに期待してみたい。

 阪神のマーメイドSは、マルシュロレーヌが狙いだ。前2走の福島牝馬S(9着)、パールS(12着)とも直線で行き場を失う大きな不利を被ってのもの。ともに参考外ととらえていい。

 まだ3勝クラスの身だが、力は確か。祖母は桜花賞馬キョウエイマーチで、走りっぷりから道悪になっても大丈夫そう。晴雨にかかわらずチャンスとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?
4
田中みな実が小泉孝太郎と「政略結婚」工作
5
新井恵理那の「彼氏と宅飲み」写真/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(3)