芸能

ゆきぽよ、スポーツ紙“釈明行脚”後に囁かれ始めた「マッパ出直し」復活の道!

 タレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が3月18日、各スポーツ紙編集部を行脚し取材を受け、それぞれのサイトで騒動の謝罪と今後の芸能活動への思いを語っている。

 ゆきぽよは1月、親しい関係にあった男性が19年5月に自宅で法律違反の薬物を使用したことで逮捕、自身も自宅が強制捜査を受けていたことが「週刊文春」により報じられた。その直後に所属事務所を通じ謝罪コメントを発表。「サンデー・ジャポン」(TBS系)にはVTRで出演し、こちらでも謝罪と経緯を説明し迅速な対応を取ったはずだが、世間の批判は止まらず仕事は激減。フォロワー数80万人を超えるインスタは1月26日を最後に、登録者数34万人のYouTubeチャンネル「ゆきぽよTV!」も2月19日を最後に更新が途絶えている。

「ファンからは更新をするたびに応援の声が上がりますが、それ以上に《ぜんぜん反省していない》との批判が圧倒的。文春の報道後に収録したという2月16日深夜に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)には登場したものの、彼女の持ち前の破天荒キャラは鳴りを潜め、周囲も終始触りづらい雰囲気で、視聴者からはやはり《不快だ!》とのブーイングが上がりました。その後は仕事を控えるというより、完全に干された状態になってしまいました」(芸能ライター)

 そんな彼女が今回、スポーツ紙4紙を回るまでして、改めて薬物や反社会的勢力との関係を否定、件の男性とは事件後に縁を切っていたことや失敗を活かした完全復帰への決意を語ったわけだが…。

「彼女のギャルキャラがまったく使えなくなってしまったことは大きい。ましてや、そのギャル枠はすでに飽和状態で、おバカキャラも同様です。そのため、しばらくはSNSやYouTubeでの発信で根気よくテレビオファーを待つしかないのでは。ただし一方では、これまで再三にわたり際どい水着などで披露してきた肉感たっぷりのボディは人気があり、業界内では“この際、布地を無くしてしまえば…”と、マッパからの出直しを推す声も聞こえてきます。確かに彼女であれば、抵抗なく挑戦してくれる可能性もありそうです」(前出・芸能ライター)

 今回のスポーツ紙行脚が禊となるのか、それともさらなる“禊”はあるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化