芸能

「結局は加藤浩次をアシスト」TBS「ラヴィット!」に飛び交う酷評と“皮肉”

 春の改編で、新番組がスタートしたり、MCが代わった民放各局の朝の情報番組。視聴率バトルが注目される中、「ラヴィット」(TBS系)の一人負け状態が際立つ状態となっている。

 同番組がスタートした3月29日では、日本テレビ系は「スッキリ」が8.8%(前4週平均は7.8%)、テレビ朝日系は 「羽鳥慎一モーニングショー」が10.6%(同10.2%)、「ラヴィット!」が2.7% (同3.5%)、フジテレビ系の「めざまし8」は6.2%(同5.9%)。「ラヴィット!」だけが前4週よりも数字を下げ、残り3番組は数字がアップ。しかも「ラヴィット!」は、2回目となる30日は2.1%と、さらに数字を落さした。

 各局の春からの布陣を見てみると、フジ系「とくダネ!」の後番組「めざまし8」は司会に谷原章介を起用。TBS系「グッとラック!」の後番組「ラヴィット!」の司会は麒麟・川島明。日テレ系「スッキリ」は加藤浩次の司会は継続したが、水卜麻美アナが前時間帯の「ZIP」に移動。その穴を3年目のホープ、岩田絵里奈アナが埋めた。そして、これらテコ入れした3局を視聴率トップのテレ朝系「羽鳥慎一モーニングショー」が迎え撃つという構図だ。

 そんな中で「ラヴィット」は、ネット上の反応を見ても評判が芳しくない。「芸人ばかり」「ヒルナンデスみたい」「ガチャガチャしすぎ」「はなまるマーケットみたいなのを期待していたのに」など、MCの川島は特に不評ではないものの、ほかの出演者、番組の内容の評価が低かったようだ。

「司会の川島のほか、吉本芸人の出演者が多いため、放送前には、吉本による“フリーになった加藤潰し” とも言われましたが、実際は加藤をアシストしているとヤユする声も。また、不評だったはずの『グッとラック!』を惜しむ声や、フジ系『めざまし8』の司会である谷原の安定感を評価する声も目につきました。ただ、全体的には『ラヴィット!』に限らず、どの番組も ごちゃごちゃしていて、もっとシンプルな朝番組が観たいとの意見も多いようです」(芸能 ライター)

「ラヴィット!」もこれから軌道修正していくのだろうが、同番組の枠は先ごろ終了した「グッとラック!」、19年に終了した「ビビット」と短命続き。はたしていつまで番組が続くのか、今から心配だ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の元4番打者が驚愕!元バレボール日本代表・益子直美の背筋力は「200キロ」だった
2
「宮田さんはタバコ臭い」体操女子・宮田笙子〝ヘビースモーカー〟証言がもう止まらない
3
相撲史に残るアイコンタクト!横綱・照ノ富士の全勝街道を支える「名勝負」にファンが涙
4
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
5
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体